fc2ブログ

手稲18匹美唄40匹の2件の多頭飼育崩壊に着手しました。

1件目は札幌市手稲区で飼い主が入院し15匹の猫が取り残されました。2月に起きた北見の多頭飼育崩壊65匹の子達や生まれた30匹以上の子供たちも順調に譲渡が進んでいましたが、
相談1の案件は1週間後に家が取り壊されることが分かり
このままでは、家ごとつぶされてしまう可能性があるため着手しました。

そして昨日、数日前に空知振興局から届いたメールを読みながら
振興局に電話をしました。「大丈夫ですか?当会も手稲の多頭に着手したばかりで中々むずかしいですが捕獲などお手伝いしますか?」と尋ねると個人ボランティアさんが受け入れを検討してくださったり、保健所でも受け入れを考えているとのお話で少し安心していました。
どうやら猫はケージに入っているようで捕獲もあまり大変ではないようなお話でした。
その夕方、同じ地区でもう1件、同じく孤独死された方の家に猫がいるという情報が振興局に入り事態は深刻な状態になったことを知りました。

そして猫はケージ管理されているのではなく、小さなキャリーや小ケージに閉じ込められていることがわかりました。

送られてきた写真を見たとき愕然としました。
一刻も早く行かなくては・・・・猫たちは生きているのだろうか
とにかく夜中までメンバーとSNSで打ち合わせをしながら現地入りできるメンバーをつのり8日10時に現地に入りました。
image001_R_20220609003728f5a.jpg
ゴミの山の中にケージが見えました
image003_R_20220609003729dcc.jpg
image005_R_20220609003731d9c.jpg
このキャリーの中にも猫がいました。私たちが歩いていたゴミの山の下に猫がいることがわかりました。猫は生きてる。ケージの中もゴミだらけでした。 image007_R_20220609003707778.jpg
ここにもゴミに埋もれたケージがあり猫がいました。
堆積されたゴミは天井に届いています。
image009_R_2022060900370811a.jpg
ここにもケージが、生きているのだろうか
待っていてもう少しだよと言いながらゴミを外に出していきました。

メンバーから「生きてるーーー。まってて絶対出してあげるから、がんばって」声があがります。「もしかして全てのゴミの下を確認した方がいいよね」1つ1つの部屋のゴミの移動がはじまりました。
image011_R_20220609003710203.jpg
生きていた。頑張れ。もう少し


また別の部屋に入ると、一見ゴミが積まれている部屋に見えたが、下から猫の声が聞こえる

ここにも猫がいる全てのゴミをよけて確認しなくては、まだこの中に猫はいる。
image013_R_20220609003711933.jpg
image015_R_2022060900371367f.jpg
image017_R_2022060900371496b.jpg
image019_R_20220609003716a78.jpg
ここにもいるはず。ケージを引き出そうとしてもゴミの重さで動かない。
もうレスキューが始まって6時間を超えているが、誰も休まなかった。猫がぎりぎりの状態なのは皆わかっていました。
レスキューした猫たちにお水とご飯を与えながらレスキューを続けました。
image021_R_2022060900371785b.jpg
ご飯を食べない子は、先発隊が受け入れをOKしてくださった高橋動物病院へ緊急搬送しました。中には多分この狭いキャリーの中で出産した親子もいました。
image023_R_2022060900371968e.jpg
これは母屋の方のレスキュー、敷地内の別の平屋にも猫がいることがわかりました。
入り口をあけ中に入るとこの状態
image025_R_202206090042467c6.jpg
image027_R_202206090037222dc.jpg
やはりケージに入れられている子がいて弱っていたので搬送しました。
image029_R_20220609003724331.jpg
押し入れの中を覗くと
糞尿だらけの押し入れの奥で動けなくなっている子がいました。この子も連れてきました。

同時進行で母屋の中でフリーになっている子4匹を捕まえました。
image031_R_20220609003725ee5.jpg
image033_R_202206090042480bc.jpg
猫達を助けるために移動したゴミはこの数倍になりました。
ニャン友メンバー、ボランティアさん10名で動きました。レスキューが決まったのは昨日23時にも関わらず沢山の方がきてくれました。
本当にありがとう。

保健所には4頭くらい収容できるそうです。保護されてからもう6時間も車の中にいます。
平屋の中で比較的元気に逃げ回っている子に、振興局の職員さんがご飯とお水を置いてくれました。また明日入るそうです。あと数匹だと思います。任せてその場を離れました。
明日は北村多頭飼育の子達の現地治療のため、大門先生と現地に入ります。

何かあったら電話をもらうことになっています。
お話に聞いていた猫の頭数は20匹くらいでしたが、ニャン友一時待機室に入った子達は
40匹になりました。今日はお水とご飯をあげてそれ以上は
猫達がおびえているので明日からにしました。
高橋動物病院に搬送された子達も、点滴お注射を終えているのでおむかえに行ってきました。

明日からこの子達のケアが始まります。
お掃除、ケアボランティアを出来る方是非お待ちしております。
そして名もないこの子達に名前を付けてください。

タオル、ご飯、猫砂何もかもあっという間に無くなります。お家に使っていないタオルやお家の子が食べないご飯がありましたらどうかご支援お願いいたします。

レスキューをしている中、間に合わなかった子達が3頭いました。その子達も連れて帰ってきています。間に合わなくてごめんね。
お腹すいてのど乾いて狭い狭いケージの中で虹の橋を渡った子達がいたことを報告します。

代表 勝田たまみ

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン友ねっとわーく北海道

Author:ニャン友ねっとわーく北海道
北海道で保健所収容猫、地域猫の保護と里親探しをしている個人が集まり、活動しています
ニャン友ねっとわーく欲しいものリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share

■支援物資の送り先
〒064-0807
 北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24LC拾八番館3F
 NPO法人ニャン友ねっとわーく
 電話:011-205-0665


■支援金のお願い

●郵貯銀行からの振込み
口座番号:19040-32781041
口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ

●他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下のとおりとなります。
銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
預金種目:普通
口座番号:3278104
名義:ニャントモネットワークホッカイドウ


NPO法人 ニャン友ねっとわーく 北海道



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR