FC2ブログ

昨年冬からの積丹の港の猫の救出その後

総勢60匹以上の猫たちのレスキューその後、一見終息したように見えたのは、一瞬だった。
積丹町役場に猫のことで相談があると連絡があり、今回の引き上げの報告も含めて4月に役場に副代表と向かった。
(後志振興局には報告済みで、環境省のポスターなどを配布設置を頼んだ)
image001_R_20210512232135d19.jpg
image003_R_2021051223213629b.jpg
今回の港の件は
漁業関係者が漁網をネズミから守るために猫をつれてきたことから始まり
冬場凍死していく猫たちを見て
冬を越せる場所を用意し餌をあげた1人の方が、TNRをしながら 猫を守りたいと思ったことから始まりまったことを伝えました。

TNRが進み繁殖を押さえながら生きてきた子が凍死したのは
役場に不法投棄の苦情が入り撤去した結果でした。
役場にそのことを報告し、夏から秋にかけて行政主体でTNRをすることを提案しました。
そして
相談はおばあさんが餌をあげていた猫をなんとかしてほしいだった。
猫はまだ若く1歳くらいでした。その子供は生後6か月、なれていることと、2匹は風邪をひいていてすでにご飯を食べなくなっていたこと
妊婦猫は今にも出産しそうなくらいお腹が大きくなっていたことから保護しました。
image005_R_20210512232138db6.jpg
image007_R_20210512232139f7b.jpg
母猫は保護後順調にきていましたが、出産寸前で切迫流産のきざしがあり命の危険を感じたので、獣医と相談し急遽帝王切開で4匹の子猫の命を繋ぎました。
母子ともに生きています。
母猫の体力の消耗が激しく、赤ちゃんは人工で育てています。
image009_R_20210512232141461.jpg
猫の捕獲最中に1人の女の方が来て猫の避妊去勢手術はどのくらいで出来るのかと聞かれました。
猫は何匹いるのかと尋ねると6~7匹と答えました。
お金がないので分割で払いたいと 生まれた子猫はどうしていたのかと聞くと川に捨てていたとその方は話をはじめました。

でも可哀そうでだんだんできなくなって‥‥と最後は口をつぐんだ
手術をしましょうと話をしてその日は保護した3匹をつれて札幌に戻った。
札幌に到着し真っすぐ風邪をひいている子の治療のために病院へいきましたが
その時 三毛のママが捕獲機に入ったことを聞かされた。
妊婦を1日捕獲器に入れておくことが、心配なのですぐに積丹に向かった。
その時に昨日の女性がきて
息子や娘が連れてきた犬猫の面倒を見ているけど、息子さんも病気で入院もう限界であることを告げられた。
image011_R_20210512232142aa6.jpg
image013_R_20210512232144b39.jpg
image015_R_202105122321455ed.jpg
とりあえず見に行った積丹の現場から
外から4匹、家の中から10匹の保護となった。
帰りに古平でしっぽから骨が飛び出ている子がいるというレスキュー依頼が事務局に入り
その子も無事に、捕獲し手術をしてもらいました。1日動くと15匹。GW前の多頭に
スタッフやボランティアさんびっくりするだろうな。。と思いながらCATラウンジにむかった。いつもすまないなと思います。
ライフラインを守ってくれる人がいるから、毎日お掃除に来てくれる方がいるから、メンバーみんながいるから、連れて帰れることを忘れてはいけないと思った。

そして事務局、各メンバーが動いている中譲渡会を開催の責任者をしてくれているメンバーのおかげで、どんどん猫は新しい家族のもとに出発している。

ブログには書いていないが小樽入船から14匹の保護を
殆どの雌が妊婦で現在出産しています。
そして、福島町からの依頼(渡島振興局)があり福島にいってきました。(この話はまたあとで)
9日の譲渡会最中に子猫14匹の保護が入り
ニャン友全体の子猫の数が70匹を超えました。
子猫たちは早い子で5月末以降に譲渡可能になります。
image017_R_20210512232147f9c.jpg
image019_R_20210512232148c0b.jpg
image021_R_202105122321506f6.jpg
image023_R_20210512232151afd.jpg
image025_R_2021051223215312b.jpg
image027_R_202105122321545e7.jpg
image029_R_202105122321562f2.jpg
image031_R_20210512232157370.jpg
image033_R_20210512232159f78.jpg
お手元に子猫用の使わないフードがありましたら、ご支援宜しくお願いいたします。
腎臓病の猫のためのネフガードありましたら宜しくお願いします。
  • 支援物資の送り先
    〒064-0807
    北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24
    LC拾八番館3F
    NPO法人ニャン友ねっとわーく 北海道
    電話:011-205-0665

    物資のご支援をいただける場合、amazonのほしいものリストを参考にしていただけると幸いです。
    amazon欲しいものリストはこちらです。
    https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share

  • 豆知識1
    妊婦猫を保護し、破水(お尻がぬれていたり、薄茶色っぽい水がでてお尻まわりで乾いてる)して6時間たっても出産が始まらない場合、触れる子であれば子猫が生きているかエコーで確認することをお勧めします。
    丸1日たっても生まれない場合は切迫早産の可能性があります。
  • 豆知識2
    怪我などをしていないのに、猫が後ろ足をひきづるときは、捻挫の他に血栓、腎臓病を疑ってください。
    我が家の猫は生後2か月で急性腎不全で足をぴょこぴょこひきづりました。
    捻挫かなと思いましたがご飯を食べなくなり、腎臓に先天的な疾患があることがわかりました。(治療して現在6歳元気です)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン友ねっとわーく北海道

Author:ニャン友ねっとわーく北海道
北海道で保健所収容猫、地域猫の保護と里親探しをしている個人が集まり、活動しています
ニャン友ねっとわーく欲しいものリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share

■支援物資の送り先
〒064-0807
 北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24LC拾八番館3F
 NPO法人ニャン友ねっとわーく
 電話:011-205-0665


■支援金のお願い

●郵貯銀行からの振込み
口座番号:19040-32781041
口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ

●他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下のとおりとなります。
銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
預金種目:普通
口座番号:3278104
名義:ニャントモネットワークホッカイドウ


NPO法人 ニャン友ねっとわーく 北海道



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR