FC2ブログ

クラウドファンディング終了の報告①

クラウドファンディングが終了致しました。
レディーフォーからは、延べ767名様からのご支援を頂きました。
その他に、直接のご支援も頂いております。
レディーフォーと合わせたご支援の報告は後日行います。
ご支援いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

毎日、毎日メッセージを頂くたびに、心が熱くなり、沢山の方が見守ってくださっている皆様が私たちニャン友のそばにいてくださっていることを強く思いました。

寒い寒い北海道の冬を耐えて生きてきた
積丹港の猫残っていた猫たち51匹
網走の納屋の中でご飯をもらえず残されていた18匹も皆無事に元気に譲渡に向かっています。
まだ報告しておりませんが小樽の倉庫で暮らしている16匹の猫もレスキューしております。
この子達はあと2匹で捕獲完了です。
キャリーケースに入れられ捨てられていた2匹、また登別温泉からの妊婦猫もクラウドファンディング終了日に5匹のかわいい赤ちゃんを産みました。

小樽から保護してきた雌猫は殆ど妊娠後期の状態でした。
これから出産すると思います。世の中に必要のない命などありません
皆無事に生まれてほしいです。
image003_R_20210325113312541.jpg
私たち愛護団体がいなくてもよい世の中がくることを心から願っていますが
その日まで皆様の思いを強く心にきざみ
猫たちのケアを続けていきたいと思います。

私が保護活動を始めたのは、2006年の8月からです。その時札幌市動物管理センターでは2000匹以上の猫が殺処分されていました。そのうち1000匹以上が目も空かない小さな乳飲み子でした。

あれから16年今、処分されている子は殆どいません
これは愛護団体のちからではなく、この事実を知り、心をいため1匹でも助けたいと
思う保人のボランティアさんの力だと思います。

ニャン友のメンバー、ボラティアさんも、私たちを通じて猫に関わり
保護できる方は保護し、出来ない方はその保護された猫たちを守りニャン友は成り立っています。

これからも、消えてしまう小さな命があることを皆様に知っていただき
飼っている猫の命を最後まで見届けることの大切さを
伝えていきたいと思います。

助けてあげられなかった命、私たちの腕の中で消えていった命のことは忘れることが出来ません。
今までは今度生まれてくるときは、私たち愛護団体のところに来てはいけないよって送り出していましたが
野良猫や多頭飼育崩壊の子、放棄される猫がいる限り、私たちが必ず見つけてあげるから
生きて・・・・・
と思います。
image005_R_20210325113313c77.jpg
image007_R_2021032511331591d.jpg
この度は本当にありがとうございました。
NPO法人ニャン友ねっとわーく北海道
代表 勝田珠美
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン友ねっとわーく北海道

Author:ニャン友ねっとわーく北海道
北海道で保健所収容猫、地域猫の保護と里親探しをしている個人が集まり、活動しています
ニャン友ねっとわーく欲しいものリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share

■支援物資の送り先
〒064-0807
 北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24LC拾八番館3F
 NPO法人ニャン友ねっとわーく
 電話:011-205-0665


■支援金のお願い

●郵貯銀行からの振込み
口座番号:19040-32781041
口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ

●他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下のとおりとなります。
銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
預金種目:普通
口座番号:3278104
名義:ニャントモネットワークホッカイドウ


NPO法人 ニャン友ねっとわーく 北海道



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR