FC2ブログ

【札幌市内238匹多頭飼育崩壊】幸せに暮らしてほしい

皆さんのおかげで、沢山の猫たちが新しい家族のもとに出発を始めています。
ありがとうございます。

今回札幌市で起きた238匹の多頭飼育崩壊で感じたことがあります。
当会では今年2020年1月7日 江別市孤独死の現場から55匹の猫の保護をしました。
また2月15日札幌市西区平和から90匹の多頭飼育に着手し、全頭の不妊去勢手術、ワクチン等の医療行為を行い保護しました。

江別は飼い主死亡時から2週間もご飯をもらえず寒い部屋の中に取り残されていました。
そして今回の238匹の案件ですが

ご飯をあげるとすべて食べてしまいました。
吐くまでたべてしまい、下痢。嘔吐が続きました。
少しでも良質なごはんをと、消化器に配慮されたごはんをライラック乳酸菌と一緒に食べさせてきました。
とにかくあるだけ食べてしまうこの子たちの給餌は1日3回~4回にわけて給餌してきました。
がりがりにやせて、本来3k以上、男の子は6k近くあってよいはずの
猫たちの体重は1.3kしかない子もいました。
男の子たちも2kと背骨とアバラ骨が浮き出ていました。

保護して2か月がたち、ようやく落ちついてきましたが、コロナの影響で譲渡会をかいさいすることができません。
この子たちの新しい家族をさがすため、毎日個別のお見合いを行っております。
もしも猫を迎え入れようとお考えの方は、ニャン友ねっとわーく北海道事務局までお問い合わせください。
  • 電話でのご連絡
    011-205-0665
    • 猫の通院等でスタッフが出払っていて留守にしており、つながらない場合がありますがご容赦ください。
個別対応のお見合いを行っております。

それでもまだまだケアを必要としている子たちがおります。
劣悪な状況の中、
糖尿病を併発しインスリン管理をしている子、
耳が聞こえず泣き叫ぶ子、
全く無表情で人間を怖がっている子

今回は耳の聞こえない
ヘレンと人間を怖がりにげてしますミルクを紹介します。


ヘレンは保護時衰弱がひどく体重も1.3kほどしかありませんでした。
ワクチンも打てず、避妊手術も体力がないためにできません。
2か月でやっと2.3kまで体重が増えたヘレン、ワクチンを打つことができました。

ゆっくりでいいよ
ゆっくりがんばろうね
ミルク、人間は怖くないよ
もうお腹がすいて苦しいこともないよ。

きっとやさしい家族がみつからがんばろうね。


  • ご支援のお願い

    • ショップページからクレジット決済でご寄付いただくことも可能です。
      SOS 案件基金 SOS.jpg
      支援する
      カギしっぽ基金 SOSかぎしっぽ
      支援する
    • 郵貯銀行からの振込み
      口座番号:19040-32781041
      口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ
    • 他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下の通りとなります。
      銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
      店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
      預金種目:普通
      口座番号:3278104
      名義:ニャントモネットワークホッカイドウ

  • 支援物資の送り先
    〒064-0807
    北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24
    LC拾八番館4F
    NPO法人ニャン友ねっとわーく 北海道
    電話:011-205-0665

    物資のご支援をいただける場合、amazonのほしいものリストを参考にしていただけると幸いです。
    amazon欲しいものリストはこちらです。
    https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share

みなさまからの励ましのお言葉に後押しされつつ、日々、猫たちのレスキューのため、活動を続けてまいります。
今後とも、ニャン友ねっとわーくの活動にご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。
スポンサーサイト



札幌某所230匹多頭飼育崩壊~週末の保護猫たちのニャン友CATラウンジ~

札幌某所から引き揚げた71匹の猫達、続々と譲渡が進んでおります。
本当にありがたいです。
image001_R_20200425142835c32.jpg
image003_R_20200425142836f99.jpg
お腹がすいて、寒くて、さみしかったあの子達
image005_R_20200425142837a89.jpg
image011_R_20200425142842e79.jpg
image013_R_202004251428433e8.jpg
みんな落ち着いてきました。
やっとご飯を残すしてくれるようになり、食欲も旺盛です。
子猫たちもすくすく育って4月1日~4日生まれた子達も400gを超えて離乳が始まっています。
ニャン友の譲渡可能なな子達は2週間の隔離期間を経て(感染症対策)譲渡に向かいます。
その間に血液検査、抗体検査、ワクチン、避妊去勢手術、便検査を経て参加しています。

CATラウンジでは毎朝、お掃除消毒を行っております。
お家でも出来ることもありますので参考にしてください。
  1. トイレ掃除後、ケージ内床を次亜塩素で消毒しながらふきます(皆さんからご支援していただいたタオルをカットして使っています)
    image015_R_20200425142845d02.jpg image017_R_20200425142846772.jpg
  2. 床はビルコンでしっかり消毒し、乾いたら水拭きします。
  3. 人間の手の触れる場所はビルコンで、猫達がふれるものは次亜塩素酸水で拭いています。
    image019_R_20200425142848d52.jpg image021_R_20200425142849190.jpg
ラウンジ中は次亜塩素酸水を常に加湿器により噴霧してります。
エレベータ前で靴をビルコン消毒、手をアルコール・次亜塩素酸水で消毒をしています。
猫たちの目やにや、お尻のよごれなどは、次亜塩素酸水を稀釈して拭き取ります。
まず、猫たちの安全を守るため、自分たちが注意をすることを心がけています。
譲渡会は自粛しておりますが、お見合いは1組ずつ予約をいただいて、消毒後CATラウンジに入っていただいてます。

ご予約はこちらまでご連絡お待ちしております。
・4月25日(土)13:00~16:00
・4月26日(日)13:00~16:00
011-205-0665
NPO法人ニャン友ねっとわーく北海道
  • 猫の通院等でスタッフが出払っていて留守にしており、つながらない場合がありますがご容赦ください。
230匹の多頭飼育崩壊での疾患がある子たちのケアも進んでいます。
糖尿病、緑内障、脱肛・・・
じっと耐えて生きていたんだと思うと 胸が苦しくなります。
image023_R_2020042514285176b.jpg
7歳~8歳くらいのヘレンは耳がきこえません。
保護したとき、1.5kしかなくご飯もまともに食べることが出来ませんでした。

まだ手術も出来ませんが、ゆっくり体重を増やしていきます。
すばる隊長も皆を応援しています。
image025_R_20200425142852aaa.jpg 僕も頑張ったからね。
疾患のある子へのご支援よろしくお願いいたします。
ご自宅におうちの子が食べなくている下記のキャットフードがありましたら、ご支援よろしくお願い致します。
■支援物資の送り先
〒064-0807
北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24
LC拾八番館4F
NPO法人ニャン友ねっとわーく 北海道
電話:011-205-0665
物資のご支援をいただける場合、amazonのほしいものリストを参考にしていただけると幸いです。
amazon欲しいものリストはこちらです。 https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share

【SOS!!】230匹多頭飼育崩壊~7日昨日残りの子を~

3月に保護してきた47匹は、現在赤ちゃんを入れると、51匹になりました。
ずっと気になっていたことがあります。
私たちがレスキューした日、あのお家に残された子は100匹以上いました。
雪が降る日、寒い日が続きました。ケージに入れられたあの子たちはどうしているのだろうか、

毎日給餌にいっているときいていましたが、北海道の3月はまだ寒く、最低気温が2℃の日もあり、雪も降った日もありました。

室蘭支部から協力の手があがり、ブログを読んでくださった方からの預かり志願もあり
昨日7日、動物管理センターにまだ収容されず、現地に残されていた子たち20匹を
レスキューしてきました。

比較的かたづけらえた1Fの部屋に、みんな固まって震えていました。
image001_R_202004081713177a0.jpg
image003_R_20200408171320c91.jpg
image005_R_202004081713201af.jpg
この子たちが温かいお部屋で、飢えることなくご飯を食べれなくなってどのくらいになるのだろうか・・・・
考えると涙がでます。

みんな、よく頑張りました。これからケアを進めていきます。
4月11日、12日待機が終わり、ケアが終わった元気な子から譲渡はじめます。

2週間目に保護した子たちもようやく、ご飯をたべられるようになりましたが、まだまだ点滴を続けている子もおります。
お願いがあります。
普段はできる範囲内で保護を行ってます。当会では年間110回以上の譲渡会を行い、1カ月月で50匹以上の子たちの譲渡を行っています。
譲渡の時に負担していただいている医療費の一部負担金を、次の子たちのレスキューに使っています。

2、3月コロナでのイベント自粛で、譲渡が進んでいません。
先日行った譲渡会(4月4日、55日)で15匹の子たちが譲渡・トライアルに出発しますが、思った以上に状態の悪い子が多く医療費がかかっております。
今週末、4月11日12日も小規模譲渡会を開催予定しております。
医療費のご支援、フードのご支援お願いします。
お力をお貸しください。

私たちが皆様のお力にこたえられるのは、この子たちの命を守り、命のリレーのバトンを里親さんに渡すことです。

ほんの少しですが今回は、当会のすばるからのお礼のお葉書が届きます。
すばるは胆振東部地震の時、札幌市内もブラックアウトしているときにレスキューしてほしいと連絡があった子です。
車のクランクプーリーに両足をまきこまれ、現地で手術を行い一命をとりとました。
両足を失いましたが、皆様のご支援・応援のおかげで、3カ月の入院と数度の手術を経て、
今は沢山の愛を受けてニャン友CATラウンジにて過ごしています。

ブログ、SNSでの拡散の協力お願いいたします。
また、ニャン友で里親募集をしている猫はこちらです⇒クリック
どうぞよろしくお願いいたします。
  • 支援金振込先
    • 郵貯銀行からの振込み
      口座番号:19040-32781041
      口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ
    • 他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下の通りとなります。
      銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
      店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
      預金種目:普通
      口座番号:3278104
      名義:ニャントモネットワークホッカイドウ
    • ショップページからクレジット決済でご寄付いただくことも可能です。
      SOS 案件基金 SOS 案件基金
      支援する

  • 支援物資の送り先
    〒064-0807
    北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24
    LC拾八番館4F
    NPO法人ニャン友ねっとわーく 北海道
    電話:011-205-0665
    物資のご支援をいただける場合、amazonのほしいものリストを参考にしていただけると幸いです。
    amazon欲しいものリストはこちらです。 https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share

  • すばるからお葉書をおくります
    お名前/ご住所(郵便番号)を下記アドレスにお送り頂けると幸いです。
    nyantomo@nyantomo.jp
    • オンラインショップ経由でご支援してくださった方へは、オンラインショップで入力頂いた住所に送付します。

みなさまからの励ましのお言葉に後押しされつつ、日々、猫たちのレスキューのため、活動を続けてまいります。
今後とも、ニャン友ねっとわーくの活動にご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

新しく生まれた命【240匹多頭飼育崩壊】

あの酷い現場に入り、私たちが雌猫、状態の悪い子を中心に保護してきた理由は、出産が始まっている子がいたからです。
保護当日、18匹の避妊手術を行い、昨日までに47匹中41匹の保護猫の手術が終わりました。
状態の悪い子は、ケアを続けて体調回復後手術を行います。
動物病院へ手術を終えた子を、隔離している場所へ運んだ時、スタッフから連絡が入りました。生まれています。(77g)
そして今日もう1匹生まれました。(90g)新しい命が誕生しました。

育てているのは、ママと避妊したママ猫です。お腹には赤ちゃんがいました。

ほとんどの雌は妊娠しています。
出産も大変なことです。もちろん避妊手術も子育ても本当に大変です。
無事に生まれてくれてよかった。命の誕生は本当に尊いです。

4月4日(土)、5日(日)に1か月以上ぶりに、ニャン友CATラウンジで譲渡会を行います。
コロナ感染を考えて消毒強化を考えています。
普段から毎朝、床の消毒、トイレの消毒、手足の消毒、勿論猫たちの給餌している食器は、洗浄後次亜塩素につけて使用しています。
以前から、会場内は次亜塩素の噴霧を感染症対策で行っています。
当会では次亜塩素をつねに製造タンクで電気分解して作成しています。

コロナ騒動が起きる前に、取材があり、なぜ多頭飼育崩壊がおきるのか
飼い主さんが亡くなったあと、2週間もご飯もお水も与えられず、猫たちが取り残されるのか、
今日の18時20分頃からUHBさんで放送されることになりました。
●お知らせ 
当会では、保護猫たちの医療費や会を支えてくれている、ものづくりのボランティアさんが沢山おります。
毎年開催されている、地下歩行空間でのチャリティバザーも今年は中止に・・・
ニャン友のまわりには、ドラックストアーやツルハなどの薬局が沢山あります。
最近、マスクをもとめて長蛇の列ができているのを見ました。

ものづくり班の管理部、理事会に了承をもらい 手作りのマスクを必要な方に無料でお渡しすることになりました。(数に限りがあります)
0402_1_RA.jpg
0402_2_RA.jpg
0402_3_R.jpg
0402_4_R.jpg

普段私たちをささえてくださる方、ご支援いただいている方、ブログを読んで応援してくださっている方やその家族や子供たちがいるはずです。
微力ではありますが、こんな時だから売るのではなく、使ってもらいたいと思いました。
4月4日13時からお渡しできます。(数に限りがありますので、ご容赦ください)
かわいいマスクをみて少しでも、笑顔になってもらいたいです。
子供用も少しですがあります。
マスクは制作後、次亜塩素水に浸し、除菌乾燥させてから、透明な袋に入れています。
表は通常の布で裏はガーゼです。
プロフィール

ニャン友ねっとわーく北海道

Author:ニャン友ねっとわーく北海道
北海道で保健所収容猫、地域猫の保護と里親探しをしている個人が集まり、活動しています
ニャン友ねっとわーく欲しいものリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share

■支援物資の送り先
〒064-0807
 北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24LC拾八番館4F
 NPO法人ニャン友ねっとわーく
 電話:011-205-0665


■支援金のお願い

●郵貯銀行からの振込み
口座番号:19040-32781041
口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ

●他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下のとおりとなります。
銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
預金種目:普通
口座番号:3278104
名義:ニャントモネットワークホッカイドウ


NPO法人 ニャン友ねっとわーく 北海道



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR