FC2ブログ

オロフレ峠 奇跡の救出劇

11月8日日曜の夕方、当会ブログにメッセージが入りました。
関西から北海道に来ていた旅行者が、
「登別温泉から洞爺湖に抜けるオロフレ峠の見晴らしの良いパーキングで白黒ハチワレのとても痩せている猫がいたので保護してほしい」
というメッセージでした。

状況から捨てられたのだと思います。
オロフレ峠って・・・
ちょっと待って、
もう雪で通行止めになるじゃん。

スタッフそれぞれが慌ててスマホで調べ始めます。

「初雪の予報だって」
「通行止めは何時?」
「そもそもオロフレ峠の何処?」
メッセージには詳細な場所が示されておらず、予測して一か八か峠越えをするしかない。
猫の捕獲は一日で成功したらラッキーという難しい作業です。
果たして捕まるかどうか・・・。

たとえ捕まったとしても
一言、猫の保護といってもそこには様々なリスクが伴います。
ウィルス感染防止のため2週間は隔離しなければならない
人に慣れていない猫は慣らさなければならない
病気を抱えている猫かもしれない
里親へ渡すまでの間誰が面倒みるのか
その医療費は?

しかし雪の足音は
すぐ背後まで迫ってきています。
考えている時間はありません。


ちょうどその日ニャン友のラウンジで開催した猫のお見合い会で
奇跡的に4匹の子猫の譲渡が決まり
保護枠に空きができたニャン友日高支部が保護に手をあげ、
現地に一番近い室蘭支部のメンバーが捕獲に手をあげ、
翌日に捕獲決行の準備が整いました。

「どうか姿を現しますように」
「どうか捕まりますように」

メンバーもそれぞれ仕事があるので捕獲の時間も限られています。
チャンスの時間はごくわずかなものでした。



次の日
前の日に嵐だった峠は雪が積もっていました。
01_R_202011101302455dd.jpg
室蘭メンバーは早朝に夏タイヤからスタッドレスにタイヤ交換をし
ボランティアのもう一人は40分離れた洞爺から車を走らせ峠を目指しました。

おそらくここだろう、という場所には車道の脇に小さなトイレがあり
もう冬季使用禁止になり扉は開きませんでした。

かなりあてずっぽうな予測に反してそこには猫の足跡がありました。
雪が降ったことはここでは功を奏しました。
02_R_20201110130246374.jpg
そのうち道路の向こう側で
人の気配を察知した白黒ハチワレ猫が姿を現しました。

「いた!」
03_R_20201110130248ffe.jpg
やはり警戒して側には来ません。
05_R_2020111013025179b.jpg
04_R_20201110130249287.jpg
トイレ横に先に仕掛けておいた捕獲器に
特に美味しそうな餌を用意して、車の中で息を潜めて待ちました。
仕事の時間が迫っています。早く入りますように・・・!
06_R_20201110133031bff.jpg
そして待つこと20分。余程おなかがすいていたのでしょう。
バシャン!捕獲器の扉が閉まりました。

「ヤッターーー!」
07_R_20201110130254555.jpg


生か死か。
神様がこの猫に生を与えた瞬間でした。

このあと、このハチワレ猫は
日高へと移動し、里親募集へのプロセスを踏んでいきます。

オロフレニャンコ

皆様どうぞこの先、あたたかく見守ってください。
S__23978027_R.jpg




この猫を捨てた(と思われる)人へ。
この猫が保護されたのは
  • 通報した人がいたこと
  • 比較的近くにメンバーがいる場所だったこと
  • 車にひかれていなかったこと
  • 猫がその場を離れなかったこと
  • メンバーの時間の都合がついたこと
  • 悪天候でなかったこと
  • 猫が捕獲器に入ったこと
  • たまたま保護先が空いたこと
このような条件が重なり助けることができましたが
普通に考えたらこの子は真っ暗な氷点下の中命の灯を消していたところです。
たった独りで、前の飼い主を思いながら。

自分がどれほどの事をしてしまったのかよく想像してみてください。
poster04_R.jpg



そして
助けてほしいと思った方は、メッセージを入れる際にご自身のお名前や連絡先を入れてください。

保護に行く際に確実な情報がないと動きようがなくなります。
場所が違えば助けられませんでした。
また、命を保護するには医療費や餌代、トイレのお世話など
空気のようにできるものではありません。
助かってよかった、で終わるものではないことも
ご理解いただけましたら幸いです。
スポンサーサイト



1週間の報告と譲渡会の開催~生きてほしい~

8月26日意識が混濁し立つこともできなくなった12歳のメインクーンの女の子が運び込まれました。
飼い主は自宅を売却、移り住む家はペット不可。
それが理由で保健所に放棄される予定でした。
売却にかかわる不動産業者の方が猫を飼っている方でこのまま保健所では
この子の命が危ないと連れてきました。
メインクーンの平均寿命は12.5歳、荒れ果てた家の中でこの子はいました。

すぐに入院検査すると、クレアチニン9、BUN250と腎不全を起こしていました。
助からないかもしれないと先生に言われました。
助かったとしても余命は短い。
それでもこのまま看取ることはできない。
まだ生きていたいとこの子の目が語りかけてきました。
もう立つこともできないのに・・・・


爪は肉球に食い込み、体重は2.2kしかありませんでした。
どうしてこんな酷い状態のまま放置されたのか
image001_202009040934418d1.jpg 名前はジュジュ。病院へ搬送する途中呼吸が止まりそうになりましたが、心臓マッサージをしながら、病院に運びました。
名前を呼ぶとしっぽを振ります。
頑張れジュジュ。もう少しだから頑張って・・・・・・・・
何とか一命をとりとめました。
ご飯を食べるようになり1次退院し、来週の検査まで皮下点滴で様子をみています。

8月23日、連れてこられていたこの子は肺がつぶれていました。

すぐ入院しましたが、先天性のものではなく外傷性のものでした。
交通事故のようなものではなく、高いところか落ちたような感じだと先生が話されてました。
骨折や内臓に損傷はなく無事回復しました。
30日に退院し回復にむかっています。
ココロと名付けました。
ラガマフィン多頭飼育崩壊からレスキューしたセパ(現在の名前はソラ)を思い出しました。

札幌市中央区にて
メンバーが保護した9匹の子猫の内の1匹の手がありませんでした。
噛まれて引きちぎられていました。多分野生動物によるものだと思われます。
感染症を起こし9月2日火曜日に肩甲骨から脱却する手術を行いました。
image003_20200904093443365.jpg
image005_20200904093443f11.jpg
ショコラは生きようと痛みに耐え頑張っています。

避妊去勢もせずただ餌を置くことが、野生動物を呼び寄せます。

地域猫として、その子を見守るのであれば、守らなければならないルールを学んでほしいです。

増え続ける野良猫にただ餌をやり続けるのは、不幸な猫をふやすだけです。

まず不妊去勢手術をおこないましょう。

そして地域で猫が生きていくために何をすればよいのか一緒に考えましょう。

1週間の間に沢山の傷病動物や治療が必要な猫たちが運ばれてきました。
その他にも、庭先で子猫を育てる親子5匹の保護、室蘭からのレスキュー7匹

そして今日、死にかけた子猫が病院に来ていました。
衰弱していました。
まだ助かるかどうかわかりませんが、とにかく頑張ってみます。
2時間置きに2mlしか流動食を飲むことしかできません。
今日明日が山でしょう。
寝ないで頑張ります。
ノラン
image007_2020090409344648e.jpg
image009_20200904093447a4d.jpg

この子達が元気になるまで
ジュジュが人に甘えることが出来て、さみしくないよって思えるまで
ショコラが甘えて、もう痛くないよって言ってくれる日まで
無責任な人間をゆるしてほしい・・・・
保護活動をしていて絶対に守らなければならないことがあります。
保護は譲渡があって成り立つものです。
その子の命にかかわった以上、責任を持って譲渡が出来る子は譲渡を進めていくこと

大丈夫だと思っても、具合が悪い子、怪我をしている子がいる場合もあります。
つねにそのことを考えて保護のキャパを考えなければなりません。

すばるから一言
子猫たちがどんどん新しい家族のもとに旅立って行っているよ。
さみしい時もあるけど、幸せになってほしいんだ。僕は足を失ってしまったけど
可哀そうな子じゃないよ。
一生懸命生きているから・・・腕を失ったショコラちゃん
元気になってCATラウンジに早くきてね、ボクは待っているよ
皆さんにお願いがあります。
9月毎週土曜日、譲渡会があります。
クリック⇒http://nyantomo55.blog.fc2.com/blog-entry-2081.html
幸せになるために新しい家族をまっている僕のお友達が沢山います。
どうか足を運んでください。
僕もちびっ子たちと同じ部屋で譲渡会のお手伝いをしてるよ
声をかけてね
13時~16時の間で開催されるよ。
待ってます。
すばるより
  • ご支援のお願い

    • ショップページからクレジット決済でご寄付いただくことも可能です。
      スバル基金3,000円 subaru_3000.png
      支援する
      スバル基金5,000円 subaru_3000.png
      支援する
      スバル基金10,000円 subaru_3000.png
      支援する
      SOS 案件基金 SOS.jpg
      支援する
      カギしっぽ基金 SOSかぎしっぽ
      支援する
    • 郵貯銀行からの振込み
      口座番号:19040-32781041
      口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ
    • 他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下の通りとなります。
      銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
      店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
      預金種目:普通
      口座番号:3278104
      名義:ニャントモネットワークホッカイドウ

  • 支援物資の送り先
    〒064-0807
    北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24
    LC拾八番館4F
    NPO法人ニャン友ねっとわーく 北海道
    電話:011-205-0665

    物資のご支援をいただける場合、amazonのほしいものリストを参考にしていただけると幸いです。
    amazon欲しいものリストはこちらです。
    https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share

みなさまからの励ましのお言葉に後押しされつつ、日々、猫たちのレスキューのため、活動を続けてまいります。
今後とも、ニャン友ねっとわーくの活動にご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

白米と鮭と山に捨てられた17匹のねこ

ニャン友日高支部WARPブログより

先日、ブログの冒頭でさらっと紹介されました、日高地方山に捨てられた17匹のねこのお話をしようと思います。

昨年末、ある飼い主が
飼っていた猫17匹を山の奥に捨ててしまいました。



寒さで凍った両手ほどの白米と鮭1本と共に
置き去りにされた山の中

E03E9217-9D8A-4DAD-A0D2-7423CBDCF6BF_R.jpg

1匹でもみつかればいい・・・
と諦め半分でいましたが
終わってみれば16匹を警察と一緒に保護することができました。

みんな怯えていましたが
とても素直に甘えてきます。

messageImage_1579177037139_R.jpg

その猫たちを一時保護するために
なんとか収容場所を工面しようとしていたところ

札幌に本部を置くNPO法人ニャン友ねっとわーく北海道の
ボランティアさん一人一人が手を挙げてくださり
保護したその日のうちに
すべての猫に預かり先が決まりました。

捕まらず、保護できなかった1匹の猫を山に残して・・・





年が明け、
札幌では孤独死の現場から55匹の猫たちをレスキューしていて
ボランティアさんたちは疲弊している中でも

日高の猫たちの病院通いや新しい飼い主探しを
妥協することなく頑張ってくれています。

次から次へ
人間が起こす
悲しい猫たちの現状。
1匹でも早く、
良いご縁に繋げてあげたいと思います。

そんなわけで

今月26日に札幌にて
保護猫たちの譲渡会を開催します。
1579179918831_R.jpg

場所はビル入り口のエヴァンゲリオンが目印の
株式会社メディアマジック様のご厚意により会社の会議室を使わせていただくことになりました。

参加する猫は
困り顔の日高の猫のほか、

messageImage_1579176998810_R.jpg

年明けに孤独死現場から緊急レスキューした猫たちも参加します。

S__17711107_R.jpg


いろいろな事情で保護された猫たちです。



「飼うなら、最後まで」
「飼いきれない数に増やさない」

そして

「犬や猫を捨てることは犯罪です」

心無い人間のおかげで
沢山の人が心を痛め、
手を貸し、
費用も負担しています。

そしてなんといっても許しがたいのは
信頼していた飼い主に捨てられたという事実が
猫たちを苦しめ、
いまも見つかっていない
この寒空の下、生きていてほしいと願う残された1匹のこと。

今回の捨てられた16匹のこと
「無かった事」にはできません。

関わったすべての人、猫、
これを知った皆様には

この先のこの事件の行方を見守ってほしいと思います。


この国が法律によって
真っ当な判断を下すことを切に願っています。

S__17711106_R.jpg

小樽埠頭の猫たちのレスキュー

私たちに小樽の埠頭に風邪をひいている子猫がいるので助けてほしいと連絡があったのは、昨年10月でした。
当時岩見沢の多頭飼育崩壊の現場に入ったばかりで、受け入れが厳しい状態でしたが、どうしても気になり車を走らせました。

その時の写真が
image001_R.jpg
image003_R.jpg
子猫数匹どころではありませんでした。
猫たちは数十匹いました。港のそばに寒さよけの家まで作られていました。
魚釣りにきていた人に話を聞くと隣の港にはもっといる・・・行ってみると
ざっと数えただけで70匹はいました。

冬の間なんとか岩見沢の子たちの譲渡を進めて
受け入れを考えなくては・・・・・
小樽保健所にも報告し、行政とNPOとボランティアで協議会をつくることを提案しました。

私たちはすでに、天売猫で環境省、北海道、獣医師会、羽幌町と協議会をつくり
問題解決のため3年も動いていたので、そのやり方を説明しました。

春になり、繁殖シーズンは目の前
中々進まないTNR
増えてしまう前に動く決意をして
埠頭に入ったのは今年の4月。
image005_R.jpg
image007_R.jpg
たくさんの子が生き延びていました。
image009_R.jpg
5月でこの家も撤去されます。
住むところがなくなる。
間違いなく今年の冬は乗り越えられない。
全頭保護しました。
image011_R.jpg
image013_R.jpg
image015_R.jpg
私たちと一緒にいこう。
11匹すべて保護したことを保健所に伝えると別の埠頭に猫がいることを聞かされました。

向かうとここにも11匹の子がいました。
image017_R.jpg
image019_R.jpg
image021_R.jpg
image023_R.jpg
すぐ横は海です。 こんな場所でなぜこの労力をなぜ、飼うという方向に使えないのか
人間に餌をもらい
人間に用意された住処に住む
でもここは港湾市有地です。
繁殖制限もせず ここをテリトリーで暮らす子たちの行く末を考えるとぞっとしました。

このほか祝津からも別なメンバーが5匹引き上げました。

そして今年8月やっと協議会が立ち上がりTNRのための捕獲が始まりました。
4日間
1日目夕方17時から捕獲が始まりました。
ここの埠頭の子たちは、夜活動しているのは調査済み。
image025_R.jpg

小樽市保健所、後志振興局、港湾、ボランティアではツキネコさん、樽ねこさん、小樽のボランティアさんが参加されました。

やるべきことをやる。やっとこの日が来たとおもいました。
image027_R.jpg
捕獲した猫たちの生態管理表を作り、明日の手術に備えます。
image029_R.jpg
そして手術当日
とにかく、妊婦が多く今にも生まれそうな子もいました。
image031_R.jpg
image033_R.jpg
交代メンバーが来て、夜を通して捕獲が続けられた。
捕獲猫のNOは30を超えていた。
image035_R.jpg
その中で気にかかることがあった。
今まで冬をこしていた倉庫の穴がふさがれている。
猫をすべて捕獲したと同時にふさがれたようだ。。

どうする
メンバールームで呼びかけが始まった。
保護できる人はいないか、手が上がった。
7月入って夕張の多頭、1週間前に伊達の51匹の多頭に入ったばかりだった。
image037_R.jpg
表2P_R
TNRとは、帰るべき場所があり、地域猫として生きる事が出来るから行う。

ただ避妊去勢して、離すのではない。

今も数日に1度くらいは、小樽の現場に、メンバーが足を運んでいる。

今回の案件で当会関係で保護した猫は22匹、他団体さんで5匹、小樽の港から保護した子は50匹になる。

飼主のいない、猫が地域猫になり一世代をその地域で、暮らすためには、

餌やりはダメだ。
可哀想だから餌やる。

いつまで、続くのか
なぜ両者が協力して、ルールを作らないのか

では作るよう頑張ろうかと、
お腹を出して眠るラウンジの猫達をみて思った。

今日はラウンジの譲渡会です。
猫との生活を楽しみにしている方。そうでもない方も是非お越しください。
【09/07】保護猫の譲渡会
20830.png
日時
2019年9月7日(土) 午後1時~午後5時
会場
ニャン友キャットラウンジ
札幌市中央区南7条西8-1-24 LC拾八番館4F
プロフィール

ニャン友ねっとわーく北海道

Author:ニャン友ねっとわーく北海道
北海道で保健所収容猫、地域猫の保護と里親探しをしている個人が集まり、活動しています
ニャン友ねっとわーく欲しいものリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share

■支援物資の送り先
〒064-0807
 北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24LC拾八番館4F
 NPO法人ニャン友ねっとわーく
 電話:011-205-0665


■支援金のお願い

●郵貯銀行からの振込み
口座番号:19040-32781041
口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ

●他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下のとおりとなります。
銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
預金種目:普通
口座番号:3278104
名義:ニャントモネットワークホッカイドウ


NPO法人 ニャン友ねっとわーく 北海道



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR