FC2ブログ

クラウドファンディンク第一ゴール達成の報告

皆様の温かい応援とご支援で、シェルターの工事費 590万円(税込)のうち350万円のゴールに到達しました。
この場を借りてお礼申し上げます。
胸が熱くなりました。皆様の力をかりて設備することが本当に正しいことなのか、甘えても良いのかと毎日考えておりました。
温かいご支援に感謝します。
ありがとうございました。

皆様のおかげでクラウドファンディング開始5日目で目標を達成でき温かい保護施設の実現、 カビや結露のない健全なシェルターの実現、緊急保護シェルターの場所の確保が出来ました。
何より、温かい言葉、応援、励ましに心が熱くなりました。

より充実したシェルターを目指して
これから第2ゴールに向けて再出発いたします。
老猫ホームへのICU酸素室や点滴ポンプなどの医療機器の導入と整備した隔離室への暖房器具の設備です。
image001_R_20210223042727414.jpg
image003_R_20210223042729a0f.jpg
ニャン友に運ばれてくる猫たちの中にはすばるのように大きな怪我を負った子
低体温で動けなくなっていた子も沢山おります。
現在ICU酸素室などの設備は獣医師の先生にアドバイスをいただきながら
導入を考えています。

温かいシェルター、緊急保護シェルターそして、病気の子を診ることが出来る施設を第二のゴールとして頑張っていきます。
私がこのICU酸素室を考えたのは1つの出来事がきっかけでした

友人の猫の入院
愛する家族である猫が病に倒れ酸素室に入れなければならなくなったと連絡がありました。
勿論
治療は動物病院の先生が行います。
飼い主である家族がその子のことを思って入院させるのは当然のことです。
でも
その気持ちを動物たちが理解できるでしょうか
猫は飼い主さんからはなれ不安でいっぱいだと思います。

飼い主さんは少しの時間でも猫と一緒に過ごすことが出来るように、お見舞いに通っていました。
でも面会時間には限りがあります。お仕事が終わってから
時にはお仕事をお休みして通われていました。

悲しい別れ
自宅に酸素室をレンタルし病院へおむかえにいった時に・・・・・
その子は虹の橋を渡りました。

私の電話が鳴りました
「間に合わなかった、逝ってしまいました。もっと一緒にいてあげたかった。お家に連れて帰ってあげたかった・・・・」


私たちは、動物を想う皆様と動物を飼っている皆様に支えられています。
凍り付く北海道の冬の現場から猫を救うのも私たちの役目です。
飼い主を失い、弱り、行きどころの無い年を取った子達が暖かいところで過ごせる場を設備するのも私たちの役目。

そして、私たちを支えてくださる動物を愛する方たち、飼い主さんたちが
安心して会いに来ることのできるケアハウスの実現も私たちの役目と感じました。
https://nyantomo55.blog.fc2.com/blog-entry-2090.html

ニャン友は殺処分0を目指すだけではなく、動物福祉100%を目指します。
image007_R_20210223042732fb4.jpg 引き続き応援宜しくお願いいたします。
日本初のシェルターを目指していきます。

代表 勝田珠美

 代理支援について 〜インターネットでのご支援が難しい方へ〜 
プロジェクトを応援したいけれど
インターネットでの支援方法が分からないという方へ

クラウドファンディングのご支援をいただく場合、本来はREADYFORでの会員登録が必要となります。

一方、操作方法が分からないという方からは、「代理支援」という形での支援も承っています。
ニャン友ねっとわーく北海道に直接支援金をお振込みいただき、ニャン友ねっとわーく北海道が支援手続きを代行してクラウドファンディングに反映させるという方法です。

【代理支援の申し込み方法】
  1. 下記の必要事項をお電話またはメールにてお知らせください。
    【必要情報】
    ①お名前(本名を伏せたい場合はその旨をお知らせください)
    ②お電話番号
    ③メールアドレス
    ④ご支援金額
    ⑤希望のリターンと支援口数
    • 細雪コース(3,000円)
      • お礼状(メール)
      • シェルター完成写真をお送りします。(PDF)
    • 粉雪コース(5,000円)
      • 保護猫おもしろポストカード(3枚)
      • お礼状(メール)
      • シェルター完成写真をお送りします。(PDF)
    • 粒雪コース(10,000円)
      • ニャン友しあわせ報告カレンダー(里親様からいただいた幸せ報告の写真で毎年カレンダーを作っています。)
      • お礼状(メール)
      • シェルター完成写真をお送りします。(PDF)
    • 牡丹雪コース(30,000円)
      • あたらしくオープンするCATラウンジのサンクスボードを掲げて支援者様のお名前/企業名を掲載(任意)
      • ニャン友しあわせ報告カレンダー(里親様からいただいた幸せ報告の写真で毎年カレンダーを作っています。)
      • お礼状(メール)
      • シェルター完成写真をお送りします。(PDF)
    • 綿雪コース(50,000円)
      • ニャン友HPにプロジェクトのご報告を掲載し支援者様としてお名前/企業名を掲載(任意)
      • あたらしくオープンするCATラウンジのサンクスボードを掲げて支援者様のお名前/企業名を掲載(任意)
      • ニャン友しあわせ報告カレンダー(里親様からいただいた幸せ報告の写真で毎年カレンダーを作っています。)
      • お礼状(メール)
      • シェルター完成写真をお送りします。(PDF)
    • 霰雪コース(100,000円)
      • 感謝状
      • ニャン友HPにプロジェクトのご報告を掲載し支援者様としてお名前/企業名を掲載(任意)
      • あたらしくオープンするCATラウンジのサンクスボードを掲げて支援者様のお名前/企業名を掲載(任意)
      • ニャン友しあわせ報告カレンダー(里親様からいただいた幸せ報告の写真で毎年カレンダーを作っています。)
      • お礼状(メール)
      • シェルター完成写真をお送りします。(PDF)
    • 吹雪コース(300,000円)
      • 感謝状
      • ニャン友HPにプロジェクトのご報告を掲載し支援者様としてお名前/企業名を掲載(任意)
      • あたらしくオープンするCATラウンジのサンクスボードを掲げて支援者様のお名前/企業名を掲載(任意)
      • ニャン友しあわせ報告カレンダー(里親様からいただいた幸せ報告の写真で毎年カレンダーを作っています。)
      • お礼状(メール)
      • シェルター完成写真をお送りします。(PDF)
      • ⑥リターン送付先住所
        ⑦応援コメント(※任意。いただきましたら、プロジェクトページに掲載します)
        ⑧クラウドファンディング不成立時の返金先口座
    ▼連絡先
    011-205-0665(10時から18時まで)
    • なお、お電話の場合スタッフが通院などで出払っていることもありますのでご了承ください。
    neko@nyantomo.jp
  2. ご支援金額を下記口座にお振り込みください。
    【お振り込み先】
    ●郵貯銀行からの振込み
     口座番号:19030-58543481
     口座名:トクヒ)ニャントモネットワークホッカイドウ

    ●郵貯銀行以外の金融機関の振込み
     銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
     店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
     預金種目:普通
     口座番号:5854348
  • ご入金が確認でき次第、運営事務局が代理でクラウドファンディングの決済手続きをさせていただきます。

    ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。
スポンサーサイト



拡散希望!皆さんの応援と協力を!クラウドファンディングスタートしました。

拡散の協力お願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/nyantomo_lounge
凍死する猫達を救いたい〜緊急対応設備を整えたシェルター設置の実現を

ニャン友ねっとわーく北海道は2016年にNPO法人となり現在までに3000匹以上の保護猫たちを新しい家族に繋げてきました。
年間100回以上の大きな会場での譲渡会イベント開催しており、来場者数も年間1000人以上になり、
保護猫へのお申し込みも多く、1回に20匹~25匹決定していました。
しかし
コロナ禍の中、大きな会場での譲渡会はすべてキャンセルです。
現在、ニャン友CATラウンジを中心に、室蘭、札幌北(トリム)で予約制お見合い会を続けてきております。
大きな会場でのイベントが行えないなか、毎週毎週小さな譲渡会を続けることで、保護猫たちを1匹でも多く新しい家族に繋げたいと努力しています。

しかし、コロナ禍の中、問題があります。
それは、緊急保護の対応が難しくなることです。

譲渡の全体数は変わらなくても、大きな譲渡会は沢山ご縁があり
一度にたくさんの子にご縁をいただけます。
沢山の子にご縁があること・・・・それは沢山の子の受け皿が確保されることにつながります。

猫を保護する緊急案件が1年に1回なら
問題はありませんが そんなわけありません。
多頭飼育崩壊だけでも年間10件以上あります。

また冬の北海道のレスキューは、時間との戦いです。
image001_R_202102171613488f7.jpg

先日も、夏の間にTNRした子が凍死しました。
夏の間、漁師さんが漁網をネズミから守るために猫は持ち込まれます。
しかし、避妊去勢せず放置しているので、どんどん猫は増えていきます。
新たな糞尿などの苦情が役場に入ります。

ニャン友の副代表はじめ現地に入り生まれた子猫は譲渡のために保護し同時に成猫はTNR(トラップで捕まえて不妊手術をし、その場所に戻す)をしてきました。
でも猫のいる場所は、港です。
地域の港湾局や市町村が管理しています。
不法で置かれたものは撤去されます。
image003_R_20210217161349330.jpg
動物は物ではありません。
生きています。
命です。

人間の都合で連れてこられ、避妊去勢も受けることなく、どんどん増え続け、
あるものは交通事故で、あるものは生まれたばかりの命が海に流され、あるものは目もあかないうちに埋められます。

冬の間寒さをしのぐ発泡スチロールを撤去され、子猫のまつ家の前でなぜ凍死しなければならないのか。


image005_R_202102171613510de.jpg
ニャン友の室蘭、日高も同じような問題と地域で戦っています。
しかし、命の危険性があるとき
受け入れできる場所がないと助けることが出来ません。
image007_R_20210217161352631.jpg
image009_R_202102171616176ea.jpg
オロフレ峠冬季閉鎖の日に置き去りにされていた猫・・・・・・・
厚真町、閉鎖された牧場に残された猫たち・・・・・・
生き残る事は出来ません。
胆振東部の時70匹の猫たちを獣医師会さんと一緒に保護し、里親に繋げましたが
それも以前のシェルターが受け皿になったからです。
image011_R_2021021716145191b.jpg
image013_R_202102171614501e4.jpg
後を絶たない多頭飼育崩壊
猫たちは餓死寸前の状態でいることが多く緊急を要する案件がほとんどです。
image015_R_20210217161355bf8.jpg
image017_R_20210217161357712.jpg
新しいシェルターは
緊急対応設備を整えたシェルターの設置の実現をめざしています。
■気密性が高く温かい
■譲渡型シェルターの常設
■多頭数飼育崩壊、被災猫たちの緊急受け入れや避妊去勢手術が出来る緊急シェルターの設置
■感染症対応型、完全隔離室の設置
■入院型老猫施設の完備
■常時猫を診ることのできるステーションを設置
又個人で猫や犬を保護している方たちの譲渡の場も減りつつあります。
譲渡会会場としての貸し出しも視野にいれています。

2020年度の猫の譲渡数(1月現在で)660匹を超えました。

ニャン友の譲渡率は85%を超えています。
抱えてつぶれることはありません。
劣悪な状況で保護されることもありません。

それは、里親様をはじめ、ニャン友のボランティアの皆さまが知っています。
保護する人、お世話する人、お掃除に来てくれる人、手作りのグッツで猫たちの医療費を支えてくれる作家さんたち、そしてメンバー、スタッフで猫たちを守っています。

この新しいシェルターの併設の賛同とご支援を皆さまにお願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/nyantomo_lounge
凍死する猫達を救いたい〜緊急対応設備を整えたシェルター設置の実現を

そして今日も多頭飼育崩壊の相談が行政からはいりました。
繋げたい命があります。助けたい命があります
image019_R_20210217161358288.jpg
image021_R_20210217161400a38.jpg
みなさんも命のリレーに参加しませんか。
どうか宜しくお願いいたします

NPO法人ニャン友ねっとわーく北海道
代表 勝田 珠美

伊達市で迷子猫を保護しています❗️

418A7AF8-E453-4F78-9154-67B01998681E.jpeg
いつもニャン友ねっとわーく北海道の活動にご理解ご協力、ご支援頂きありがとうございます。
心から感謝致します。

5月27(水)伊達市網代町で人馴れした猫を保護致しました。
相談者宅に1週間前から来るようになり、あまりにも人に慣れている事、去勢済みである事から迷子猫だと思われます。
目は綺麗なブルーで尻尾は長く人が大好きです。
お心当たりのある方は<ニャン友ねっとわーく北海道事務局>までご連絡お願い致します。
  • 電話でのご連絡(9:00~18:00)
    011-205-0665
    • 猫の通院等でスタッフが出払っていて留守にしており、つながらない場合がありますがご容赦ください。

【拡散希望!!】230匹札幌市内多頭飼育崩壊案件 レスキュー47匹(※動画追加)

管理センターから連絡が入り、現地に入ったのが25日でした。
1Fはセンターの管理センターの職員さんが午前中入っていて意外ときれいでした。
もう随分センターに運んだのだなと思いました。
2Fに上がって、あまりにもひどい状態で、声が出ませんでした。
2Fの扉をあけるとお腹すいたお腹すいたと、なきながら寄ってくる子も多く
ざっと数えても100匹以上の子がいた現場には、ご飯もお水もありませんでした。
一度現場を離れ、ご飯を30kgとお水をもって現地に戻りご飯をあげました。
現在当会は平和多頭飼育崩壊に着手しています。
子猫以外全頭のワクチン、避妊去勢を終えており、おかげさまで子猫9匹は譲渡、成猫も元気な子はどんどん譲渡になっています。
みんな慣れており、初めて飼う方でも飼いやすい良い子達ですが、
90匹で劣悪な場所にいた子たちの中には状態の悪い子がおり、毎日点滴をしている子もいる中、手を出すべきではないと考えていました。
あの2Fの扉をあけるまでは・・・。
2日間よく考えて、会のみんなに相談し 3/28(土)にレスキューに入りました。
あまりにひどい状態の現場を見た、メンバーや預かりさんから、保護できます。
あずかれますと手があがりました。
NPOは沢山の人に支えられて、成り立っています。
私はこの会の代表として改めて動物を思うメンバーボランティアさんの力に後押ししてもらい前に一歩進むことができました。
1匹保護できます。
3匹できます。
雑用何でもできます。
搬送できます。
何も言わなくても現場で必要なものを考えて用意してくれるボランティアさんがいました。
その思いが、猫に対しての気持ちなんだなと思いました。
朝から飛び入りで掃除をしてくださった。
里親さんもいます。
沢山の平和の子への支援物資ありがとうございます。
image001_20200329133336da7.jpg
image002_20200329133338f18.jpg
image003_20200329133338109.jpg
大切に使わせていただきます。
皆さんの気持ちに支えられて今日現場に入ることができました。
2Fの雌を中心に捕獲が始まりました。
猫たちをおびえさせたくないので、大人数で入らず 5人のチームを3班に分けて時間差で入りました。

第1班は2階で捕まえた雌18匹を、手術のため江別へ搬送し、医療現場では手術のお手伝い、猫たちのケアに入りました。

第2班は 1Fでのゲージの組み立て、2Fで捕まった子たちの個体管理行いました。
メンバーは47匹捕まえた後、1Fにおろす子たちの捕獲を続けました。
今日現在 センターに収容された子は40数匹と聴いています。
他団体さんが保護した子18匹、当会が47匹をレスキューしても現地1Fには101匹の猫たちがケージにいます。
2Fにはあと25匹くらいになりました。
保護した猫たちを長い間キャリーに入れておくことが心配なので、すべての猫たちに給餌をして現場を離れました。
本来、あのような悲惨な現場は、ボランティアさんに見せたくないとも思いましたが一緒に助けること、
現実を一緒に受け止め、みんなであの子たちを譲渡するまで一緒にがんばろうと思い一緒にはいりました。
搬送班、猫のケア、個体管理、捕獲、外でキャリーを洗っている方を見たとき、絶対この子たちラウンジの子たち、メンバーの猫たち
そして、このような悲惨な現場で助けを待っている子たちがいるなら、頑張っていこうと思いました。
沢山の子がまだ現地におります。
センターに収容された子が譲渡につながれば、あの子たちも人のいる場所に移動できます。

230匹札幌市内多頭飼育崩壊で当会が保護した猫は47匹になりました。
9_10_14
15_16
K1
K2
K3&A
KY_SA
SA1
RI
NA&U
BE
  • 写真が撮れた猫の写真です。(手術中の子の写真は後日アップします。)

もし猫を飼いたいと思っている方がおりましたらどうか、ご連絡ください。
ニャン友は月に3~5回譲渡会を行っていますが、コロナの影響で、現在は譲渡会・イベントを自粛しています。
ニャン友で里親募集をしている猫はこちらです⇒クリック

ラウンジに入っていただき個別お見合いを行い対応しています。
入り口での足の消毒、部屋全体の換気、次亜塩素の噴霧(加湿器)、手の消を毒徹底しています。
また個別での対応もできます。
Web譲渡会を予定しています。
バスタオルが不足しています。もし使っていないバスタオルがありましたらお願いします。
また、ニャン友ねっとわーく北海道では、私たちスタッフのお手伝いをしていただける方を絶賛募集中です!
    ■保護ラウンジでの日々のお手伝い
  • ケージの掃除や給餌・投薬、猫のお手入れや通院のお手伝い、タオルをカットしてウエスを作る・・・などなど、保護ラウンジでの日々のお手伝いをしていただける方
    • メールでのご連絡
      nyantomo@nyantomo.jp
      • パソコンからのメール受信可の設定をしてください。
    • 電話でのご連絡
      011-205-0665
      • 猫の通院等でスタッフが出払っていて留守にしており、つながらない場合がありますがご容赦ください。
    ■医療費のご支援のお願い
    130匹を超える猫たちの医療費のご支援よろしくお願いします。

  • ショップページからクレジット決済でご寄付いただくことも可能です。
    SOS 案件基金 SOS 案件基金
    支援する
  • 郵貯銀行からの振込み
    口座番号:19040-32781041
    口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ
  • 他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下の通りとなります。
    銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
    店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
    預金種目:普通
    口座番号:3278104
    名義:ニャントモネットワークホッカイドウ
■支援物資の送り先
〒064-0807
北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24
LC拾八番館4F
NPO法人ニャン友ねっとわーく 北海道
電話:011-205-0665
物資のご支援をいただける場合、amazonのほしいものリストを参考にしていただけると幸いです。
amazon欲しいものリストはこちらです。 https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share
みなさまからの励ましのお言葉に後押しされつつ、日々、猫たちのレスキューのため、活動を続けてまいります。
今後とも、ニャン友ねっとわーくの活動にご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

迷子猫を保護しています(石狩市)

7月に石狩市のあるお家に迷い込んできた白猫ちゃんがいます。
飼い主さんを探していましたが9月に入っても現れませんでしたので、当会でもお手伝いさせていただきます。

保健所、警察に届出済です。

写真の猫ちゃんに心当たりのある方は、下記までご連絡ください。

011-205-0665(ニャン友事務局)
1567302633094_R.jpg
1567302631287_R.jpg
1567303272890_R.jpg
プロフィール

ニャン友ねっとわーく北海道

Author:ニャン友ねっとわーく北海道
北海道で保健所収容猫、地域猫の保護と里親探しをしている個人が集まり、活動しています
ニャン友ねっとわーく欲しいものリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/TPUMWYRXW36K?ref_=wl_share

■支援物資の送り先
〒064-0807
 北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24LC拾八番館3F
 NPO法人ニャン友ねっとわーく
 電話:011-205-0665


■支援金のお願い

●郵貯銀行からの振込み
口座番号:19040-32781041
口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ

●他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下のとおりとなります。
銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
預金種目:普通
口座番号:3278104
名義:ニャントモネットワークホッカイドウ


NPO法人 ニャン友ねっとわーく 北海道



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR