SOS!!北海道余市多頭飼育崩壊!!

余市で、多頭崩壊が起きました。English
50匹以上の多頭飼育崩壊が起きそうだと、振興局より連絡が入ったのは今月の初旬でした。

4月・5月で札幌市動物管理センター、札幌以外の保健所、地域から当会が受け入れた猫の数は170匹を超え、そのほとんどが乳飲み子と老猫でした。
乳飲み子を育てながら、成猫・ワクチンの済んだ子猫の譲渡を進め、連休前で8割以上譲渡することが出来ていたのが幸いでした。

それぞれのメンバーが、ブログで発信し、ネットで募集し、今回の譲渡会で面談の予約を予定していましたので、この多頭の受け入れを7月最終週に決め、動いていました。

そんな時、電話が鳴りました。
「飼い主さんの体調が悪く、猫達がご飯を貰えてないかもしれない・・・。」
悲惨な光景が目に浮かびました。

数名のメンバーと話をし、1回目のレスキューの受け入れ可能匹数を確認しつつ、一時待機施設の建て込みをこの連休で完了するように進めていました。


その数日後
「もう限界です・・・」と、連絡が入りました。

1週間早めて、緊急性のある子からレスキューする事を決め、譲渡会最終日7月18日、譲渡会を副代表と力強いボランティアさんに託し、余市に向かいました。
私達が1回目で受け入れ出来る猫は15匹でした。

そして現地に着き、現場に入り唖然としました。
物の間に挟まり、動けなくなっている子猫・割れたガラスの上を歩く猫達・・・。

振興局の立会いのもと、飼い主に放棄書にサインをもらいながら
何故こんな状態になるまで、相談できなかったのかを尋ねました。
外に出てきた飼い主は、まともに歩くこともできません。
立っていることも出来ない様子です。

近くにあった箱に座ってもらい、話をもう一度聞きました。
元々猫を飼っていたのか?と尋ねると、その飼い主は重い口を開き、話し始めました。
「数年前に、ガムテープでぐるぐる巻きになって動けなくなっていた猫を連れて帰って、外してあげたんだ」
「家の中に入れてやり、餌をあげていた。気がついたら猫が増えて家の中がメチャメチャになり、どうにもならなくなったんだ・・・。」
和室


天井は1Fのすべての部屋の天井が猫に落とされ、お風呂場は猫のトイレに。
トイレ


家の中にあった猫のトイレはたった1つでした。
1個しかないトイレ
私達は部屋ごとに数名入り、静かに保護をはじめました。
布団を持ち上げ、物の下敷きになっている子猫を踏まない様に1つ1つ荷物をよけながら、子猫たちを探しました。

子猫の母猫がどの子なのかを見ながら、キャリーに子猫達を入れました。
1回目

目の状態がひどく、ガリガリの子ばかりでした。
状態が悪い




300g位の子猫のレスキューを終えた時点で、保護出来る15匹を超えていました。

まだ家の中には妊婦猫・母猫が居ます。
何とかこの子達も連れて帰りたい・・・。
ここからは持久戦になりました。

二階から全ての部屋の扉をしめて、置き去りになっている子猫は居ないか、棚の上に母猫は隠れていないかを確認していきました。
一階の状態は悪く、天井がどの部屋も大きく落ちて、成猫達は隠れています。

急きょ、小樽の多頭現場から捕獲器を移動し設置しました。
家の中に居る妊婦猫と、子猫達の母猫はこれでレスキュー出来ました。
この他、外にも飼い主が逃がしてしまった猫が居ましたので数匹捕獲しました。
この時点で当初の予定の15匹を超え25匹になっていました。

先にレスキューした状態の悪い20匹を、先発隊が札幌の病院に搬送し、インターキャット・抗生物質の注射・眼軟膏とサプメントを処方してもらい
待機していたメンバーの家で、汚れた子猫を拭き、目のケアの処置を始めてもらいました。
現場に残ったメンバーで母猫・妊婦猫を優先し捕獲して、母猫と子猫を引き合わせ、各保護場所に移動させて時計を見ると23時を過ぎていました。


私達はまた、この余市多頭崩壊現場に来週レスキューに行き、すべての猫の捕獲を予定しています。



猫達の状態が悪く、相当な治療費がかかると思われます。
また、来週のレスキューには、かなりの台数の捕獲器も必要です。
どうか、皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか?



■支援物資のお願い
猫のトイレの砂が非常に不足しております
子猫用のご飯、ミルクも不足しています。お家押入れに使わなくなった。毛布、フリースはございませんでしょうか
屋根裏に隠れているために、今後の捕獲は捕獲器を使用します。
小さな団体なので、すべて集めても10台くらいしかありません

AMAZONほしい物リスト」に猫たちのレスキューにに必要なものをピックアップいたしました。
欲しい物リストのURL【http://goo.gl/87pnEA】

どうか宜しくお願いします。

〒060-0061
札幌市中央区南1条西6丁目8-1第2三谷ビル5F
ガイア気付 
ニャン友ねっとわーく勝田まで
電話:‪090-3391-0841
(※緊急時以外の電話でのお問い合わせはご遠慮ください)




■支援金のお願い
避妊・去勢・ワクチン・駆虫等の医療費や、隔離に必要な待機場所の断熱材の購入、必要物資の購入費用とし活用させていただきます。

●ゆうちょ銀行からの振込み
口座番号:‪19040-32781041
口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ
●他の金融機関から、ゆうちょ銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下の通りとなります。
銀行名:ゆうちょ銀行(金融機関コード9900)
店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
預金種目:普通
口座番号:‪3278104

名義:ニャントモネットワークホッカイドウ


ご協力よろしくお願いいたします。

ニャン友ねっとわーく北海道
     代 表  勝田 珠美



以下英語訳
余市で、多頭崩壊が起きました。
50匹以上の多頭飼育崩壊が起きそうだと、振興局より連絡が入ったのは今月の初旬でした。
Cat Hoarding Case in Yoichi
In the beginning of this month, we received an SOS on a bad hoarding situation from Shiribeshi General Subprefectual Bureau.

4月・5月で札幌市動物管理センター、札幌以外の保健所、地域から当会が受け入れた猫の数は170匹を超え、そのほとんどが乳飲み子と老猫でした。
乳飲み子を育てながら、成猫・ワクチンの済んだ子猫の譲渡を進め、連休前で8割以上譲渡することが出来ていたのが幸いでした。
In April and May, we extracted more than 170 cats from local health authorities throughout Hokkaido. Most of them are newborn kittens and cats in old age. While bottle-feeding kittens, we got them their necessary medical care and adopted 80% of them into responsible, loving homes before this long weekend (July 16-18). This made us easy to embark on this grueling mission.

それぞれのメンバーが、ブログで発信し、ネットで募集し、今回の譲渡会で面談の予約を予定していましたので、この多頭の受け入れを7月最終週に決め、動いていました。
Each member of our organization delivered information on the previously rescued cats to find good homes on the net and made appointments to meet future animal guardians during the long weekend. Initially we planned to rescue the cats from Yoichi case in the end of July.

そんな時、電話が鳴りました。
「飼い主さんの体調が悪く、猫達がご飯を貰えてないかもしれない・・・。」
悲惨な光景が目に浮かびました。
Suddenly a phone rang.
“The cats are not fed because of owners debilitating illness...” A terrible scene drifted my mind.

数名のメンバーと話をし、1回目のレスキューの受け入れ可能匹数を確認しつつ、一時待機施設の建て込みをこの連休で完了するように進めていました。
We had a discussion with several members and calculated the number of cats we can accept at the first rescue while rigging up a temporary shelter

その数日後
「もう限界です・・・」と、連絡が入りました。
A few days later the phone rang again.
“It’s past the bone…”

1週間早めて、緊急性のある子からレスキューする事を決め、譲渡会最終日7月18日、譲渡会を副代表と力強いボランティアさんに託し、余市に向かいました。
私達が1回目で受け入れ出来る猫は15匹でした。
We decided to move up the schedule and rescue the most urgent ones. On July 18, while the vise-president of our organization and dedicated volunteers handled an adopting event, we, the rescue team headed for Yoichi.

そして現地に着き、現場に入り唖然としました。
物の間に挟まり、動けなくなっている子猫・割れたガラスの上を歩く猫達・・・。
We arrived at the site and are stunned.
Kittens unable to move being stuck between things, cats walking on broken glass and muck hill…

振興局の立会いのもと、飼い主に放棄書にサインをもらいながら
何故こんな状態になるまで、相談できなかったのかを尋ねました。
外に出てきた飼い主は、まともに歩くこともできません。
立っていることも出来ない様子です。
In the presence of Shiribeshi General Subprefectual Bureau, we obtained a signature on the consent form from the cat hoarder. We asked the old man why he could not have cried out for help until this day. The old mad came out of the house but he could hardly walk or just stand.

近くにあった箱に座ってもらい、話をもう一度聞きました。
元々猫を飼っていたのか?と尋ねると、その飼い主は重い口を開き、話し始めました。
「数年前に、ガムテープでぐるぐる巻きになって動けなくなっていた猫を連れて帰って、外してあげたんだ」
「家の中に入れてやり、餌をあげていた。気がついたら猫が増えて家の中がメチャメチャになり、どうにもならなくなったんだ・・・。」
We offered a box for him to sit and asked the question again. We also asked how he started living with the cats. Little by little words came out from his mouth. “A few years ago, I found a cat swathed in packing tapes. The cat couldn’t move and I took it home to untie. I fed the cat and looked after. It was not long I came to realize that cats were everywhere in the house and made a mess of the house. It was out of control…”

天井は1Fのすべての部屋の天井が猫に落とされ、お風呂場は猫のトイレに。
All the ceilings of the first floor of the house were destroyed and the bathroom was used as cats’ toilet.

家の中にあった猫のトイレはたった1つでした。
There was only one cat toilet in the house.

私達は部屋ごとに数名入り、静かに保護をはじめました。
布団を持ち上げ、物の下敷きになっている子猫を踏まない様に1つ1つ荷物をよけなら、
子猫たちを探しました。
We made small groups and went into garbage-strewn rooms to catch cats. We picked up
a futon, moving mess and trash while being careful not step on kittens beneath those
things.

子猫の母猫がどの子なのかを見ながら、キャリーに子猫達を入れました。
As we match kittens and their mothers, we put them in cases.

目の状態がひどく、ガリガリの子ばかりでした。
All the cats were so skinny and their eye conditions were serious.

300g位の子猫のレスキューを終えた時点で、保護出来る15匹を超えていました。
When we counted the cats after catching every kitten, the number was over 15, the
number we could have at the first rescue.

まだ家の中には妊婦猫・母猫が居ます。
何とかこの子達も連れて帰りたい・・・。
ここからは持久戦になりました。
Pregnant cats and the mothers of the kittens we had caught were still left in the house.
We want take them home somehow…
A battle of patience broke out.

二階から全ての部屋の扉をしめて、置き去りになっている子猫は居ないか、棚の上に母猫は
隠れていないかを確認していきました。
一階の状態は悪く、天井がどの部屋も大きく落ちて、成猫達は隠れています。
Starting from the second floor, we checked if there were any kittens or their mothers left
behind, and shut the doors. The first floor was too messed up and ceiling of each room
was brought down. Mature cats were hiding in the attic.

急きょ、小樽の多頭現場から捕獲器を移動し設置しました。
家の中に居る妊婦猫と、子猫達の母猫はこれでレスキュー出来ました。
この他、外にも飼い主が逃がしてしまった猫が居ましたので数匹捕獲しました。
この時点で当初の予定の15匹を超え25匹になっていました。
We brought cat catchers from Otaru where we had been working on a different case. We
trapped pregnant cats and the mothers of the kittens in the house. We also caught a few
cats outside of the house. At this point, the number of the cats were 25, 10 cats more
than we initially planned.

先にレスキューした状態の悪い20匹を、先発隊が札幌の病院に搬送し、インターキャット・
抗生物質の注射・眼軟膏とサプメントを処方してもらい、待機していたメンバーの家で、汚
れた子猫を拭き、目のケアの処置を始めてもらいました。
現場に残ったメンバーで母猫・妊婦猫を優先し捕獲して、母猫と子猫を引き合わせ、各保護
場所に移動させて時計を見ると23時を過ぎていました。
We sent an advance team with 20 sickly cats to vets in Sapporo to get them their
necessary medical care. Then they were moved to a member’s house where they were
wiped and put medicine on their eyes.
The rest of the rescue members caught female cats, matched the mothers and the kittens,
and moved them to temporary shelters. By the time we delivered the last lot of the cats,
it was well over 11pm.

私達はまた、この余市多頭崩壊現場に来週レスキューに行き、すべての猫の捕獲を予定して
います。
We intend to go back to Yoichi to rescue the rest of cats next week.


猫達の状態が悪く、相当な治療費がかかると思われます。
また、来週のレスキューには、かなりの台数の捕獲器も必要です。
どうか、皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか?
The health conditions of the cats are serious and payments for the high cost of healthcare
is expected.
To handle this cat hoarding rescue, we need a lot of things including cat catchers and
money to pay to our vets. Your support is highly appreciated.

■支援物資のお願い Donate Supplies (Our Wish List)

猫のトイレの砂が非常に不足しております
子猫用のご飯、ミルクも不足しています。
お家押入れに使わなくなった。毛布、フリースは
ございませんでしょうか
屋根裏に隠れているために、今後の捕獲は捕獲器を使用します。
小さな団体なので、すべて集めても10台くらいしかありません
We are extremely short of sandbox, milk and food for kittens, blankets, fleece clothing,
and cat catchers. To trap the cats hiding in the attic, we will use the animal catchers but
we have only 10 catchers.

AMAZONほしい物リスト」に猫たちのレスキューにに必要なものをピックアップいたし
ました。欲しい物リストのURL【http://goo.gl/87pnEA】
どうか宜しくお願いします。

On the site of Amazon,com, you can see our wish list. Please give what you can, as it all
adds up.



〒060-0061
札幌市中央区南1条西6丁目8-1第2三谷ビル5F
ガイア気付 
ニャン友ねっとわーく勝田まで
Send to: Nyantomo Network Hokkaido
President Katsuta
c/o GAIA
8-1, 2nd Mitani Bldg. 5F,
Minami 1, Nishi 6, Chuo-ku, Sapporo, Japan 060-0061
Tel:‪090-3391-0841
(※緊急時以外の電話でのお問い合わせはご遠慮ください)

‬


■支援金のお願い Donate now
避妊・去勢・ワクチン・駆虫等の医療費や、隔離に必要な待機場所の断熱材の購入、必要物
資の購入費用とし活用させていただきます。
Your donation to us will help to provide our rescued cats with medical care, cat litter,
antibiotics, bedding, vaccines, baby formula, neuter service, and many other comforts
while they wait for new homes.


●ゆうちょ銀行からの振込み
口座番号:‪19040-32781041
口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ‬
●他の金融機関から、ゆうちょ銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下の通りとなります。
銀行名:ゆうちょ銀行(金融機関コード9900)
店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
預金種目:普通
口座番号:‪3278104
‬
名義:ニャントモネットワークホッカイドウ


ご協力よろしくお願いいたします。

ニャン友ねっとわーく北海道
     代 表  勝田 珠美

Nyantomo Network Hokkaido
President Tamami Katsuta
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆はっこ様へ(鍵付きコメント)

はっこ様

こんにちは~!

いつもご協力いただきまして、本当にありがとうございます。m(__)m
猫砂ご支援のお申し出をいただけるとのコメント、大変うれしいです。
届きましたら、すぐに余市の猫達に使わせていただきますね!



<ニャン友 ねっちゃん>

☆大木様へ(鍵付きコメント)

大木様

こんばんは。(^^)

前回に引き続き、ご支援のお申し出をいただきまして、本当にありがとうございます。m(__)m

いつもお願いばかりで大変心苦しいのですが、皆さまのお力をお借りし、この子達をニャン友ねっとわーくメンバー・ボランティアさん・預かりさん一丸となって、助けて行きたいと思います。

猫砂、大切に使わせていただきます。
ありがとうございます。m(__)m
〈ニャン友 ねっちゃん〉

☆ももんが様へ(鍵付きコメント)

ももんが様~、申し訳ありません!

操作ミスで、一瞬表示されてしまいました・・・、申し訳ありませんでした。m(__)m
すぐに削除かけました、お許しくださいませ!(泣)

いつもニャン友ねっとわーくへのご協力、本当にありがとうございます。

ブログでも呼びかけしてくださっているのですか?(゜o゜)
よろしければ、鍵付きコメントで教えていただけますか?(今度は失礼のないように気をつけます!)

支援物資、大切に使わせていただきますね、ありがとうございます。m(__)m

<ニャン友 ねっちゃん>

☆北山様へ(鍵付きコメント)

こんにちは。(*^_^*)

今回も、支援物資のお申し出をいただきまして、本当にありがとうございます。m(__)m

今週末は、二回目のレスキューに入る予定でございます。
平日でしたら事前にいらっしゃる日時を、ニャン友アドレスにメールをいただけ
ましたら幸いです。

また、ブログ・FB等でのお知らせが遅れておりますが
7月30日(土)に譲渡会を同ビル6階にて開催いたしますので、ご都合がよろしければ会場にお持ちいただければと
存じます。

お手数をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。m(__)m

<ニャン友 ねっちゃん>

☆横田様へ(鍵付きコメント)

こんにちは、メンバーのそらねこのご友人の方ですか?(*^_^*)

ご支援金ありがとうございます。m(__)m

余市多頭飼育崩壊案件に間違いなく使わせていただきますね。

そらねこの方にも、伝えておきます。

応援メッセージ、とてもうれしいです~!ありがとうございました。m(__)m

<ニャン友 ねっちゃん>

☆まっきー様へ(鍵付きコメント)

こんにちは、初めまして。(*^_^*)

まっきー様のコメントの通りでございます。

このように表に出てくる多頭飼育崩壊案件はほんの一部に過ぎず
今もどこかで同じような劣悪な環境で暮らしている猫・犬達が
たくさん居るという事を、少しでも皆さまに知っていただければ・・・と私個人の
考えですが、思っております。

見るに堪えない画像も、すべて現実のものとして掲載すべきであると私達は判断しました。
この案件よりももっとひどい多頭飼育崩壊現場も全国には存在すると思いますが・・・。(+_+)

支援金のお申し出、ありがとうございます。
この案件に責任を持って使わせていただきます。

<ニャン友 ねっちゃん>

☆むぎ様へ(鍵付きコメント)

こんにちは、むぎ様!

コメントが大変遅くなり、申し訳ございませんでした。m(__)m
そうですか~、ちょこちゃん&レオくんをご家族に迎えていただき
まして、ありがとうございます。(=^・^=)
元気そうでなによりです。

支援金のお振込みをいただきまして、ありがとうございます。
大切に今回の案件に使わせていただきますね。m(__)m

<ニャン友 ねっちゃん>

猫砂送りました

少しですが。応援しています。

はち 様へ(*^^*)

こんばんは。
猫砂のご支援のお申し出をいただきまして、ありがとうございました、大切に猫達の為に使わせていただきますね。m(__)m

よろしければ、こちらのアドレスに「鍵付きコメント」にて、はち様のお名前・ご住所をお知らせいただけませんでしょうか?m(__)m

ご検討いただけましたら、幸いです。
〈ニャン友 ねっちゃん〉

> 少しですが。応援しています。

☆ニシマタ様へ

コメントありがとうございます。

ニシマタ様のメールアドレスがブログに表示されてしまうため、こちらからの返信だけで失礼いたします。m(__)m

ニャン友ブログにも掲載されておりますが、明日、ホーマック東雁来店様にて、譲渡会が開催されますので、その「お知り合いの方」のご都合がよろしければ、ご本人様にご来場いただけましたら幸いでございます。
〈ニャン友 ねっちゃん〉

★はち 様へ(鍵付きコメント)

はち 様

ご支援をいただきまして、ありがとうございました。m(__)m

今回の譲渡会では、皆様からご支援をいただいている多頭崩壊案件の猫達が
たくさん参加し、良いご縁をつなぐ事が出来ました。

これからも、順次譲渡会に参加させて、みんにゃが幸せになれるように
がんばってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。(=^・^=)
<ニャン友 ねっちゃん>

プロフィール

ニャン友ねっとわーく北海道

Author:ニャン友ねっとわーく北海道
北海道で保健所収容猫、地域猫の保護と里親探しをしている個人が集まり、活動しています
ニャン友ねっとわーく欲しいものリスト
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/ls/ref=aw_wl_ov_rfn?filter=&lid=TPUMWYRXW36K&reveal=unpurchased&sort=priority

■支援物資の送り先
〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西6丁目8-1第2三谷ビル5F
ガイア気付 ニャン友ねっとわーく勝田まで
電話:090-3391-0841(勝田)


■支援金のお願い

●郵貯銀行からの振込み
口座番号:19040-32781041
口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ

●他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下のとおりとなります。
銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
預金種目:普通
口座番号:3278104
名義:ニャントモネットワークホッカイドウ


ニャン友ねっとわーく札幌HP
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR