チカホイベント

当会のチャリティ商品を置かせていただくことになりました。
お近くにお越しの際は覘いてみてください。

北海道の保護猫チャリティバザーinチカホ
180422-23チカホ
日時
2018年04月22日(日)、4月23日(月) 午前10時~午後7時
会場
札幌駅前地下歩行空間・憩いの空間 W-1スペース

スポンサーサイト

フード選びの勉強会を開催します。

フード選びの勉強会を開催します
フードセミナー01

『てとて、プロジェクト』と『NPO法人ニャン友ねっとわーく北海道』はこれから少しずつ、
勉強会、セミナーを飼い主とペットのために開催いたしましますので、ぜびともご参加ください。

席に限りがございますので、お早目にお申し込みください。

ニャン友ねっとわーく北海道 011-205-0665(平日10:00~18:00 渡辺まで)

日時
4月13日(金) 
午後7時~午後8時30分
              
参加費
1,000円
会場
LC拾八番館 5階
札幌市中央区南7条西8丁目1-24

ぞくぞくと届いております。

ありがとうございます。
皆さまからの嘆願書がぞくぞくと届いております。



事務局まで直接届けていただいたり、郵送で送っていただいたり、
直接署名しにきていただいたり、検察庁に送っていただいたり。
たくさんの声が届いています。

嘆願書01
嘆願書02
事務局に30日まで届いた分をまず第一弾として、検察庁に届けさせていただきますが、
もちろんこれが終わりではなく、まだまだ募集しております。
日付は確定していませんが、街頭でも署名活動をする予定です。

加害者夫婦の再犯防止、同様の事件の抑制のため
皆さまの声を検察に届けていきます。

助け出されたノルウェージャン達は譲渡会などで新しい家族を見つけ、今度こそ愛されています。
(ケア継続している子もいます)
亡くなってあの家を出れた子の分まで、幸せになります。


0002_20180317013259c7b.jpg
右クリックでダウンロードできます。

嘆願書はこちらからもダウンロードできます。
2018年3月 札幌市猫虐待事件 皆様から検察に要望を!
(公益財団法人動物環境・福祉協会Eva さまHPに飛びます)

【嘆願書の届先】
■札幌地方検察庁
〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目 札幌第3合同庁舎
▼メールフォーム(札幌地方検察庁共通)
https://www.kensatsu.go.jp/kensatsumail/feedback.php?id=048

■NPO法人 ニャン友ねっとわーく北海道 事務局
〒064-0807 北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24 LC拾八番館4F

電話番号011-205-0665(平日10:00~18:00)   代表 勝田

年始のご挨拶

昨年中はお世話になりました。
2017年最後のレスキューは、小樽で終わりました。
振り返ると2017年は激動の年
  • 5月 手稲稲穂案件18匹のレスキュー
  • 7月31日、8月1日に1DK111匹多頭飼育崩壊
    管理センターとボランティア仲間の力を借りて取り組んだ案件です。
    最終的には134匹となり、現在16匹保護しております。
    毎月数回、譲渡会を続け4ヶ月で120匹近い子達が新しいおうちで新しい年をむかえることができました。
  • 2017年同時期 小樽手宮地区地域猫
    小樽手宮地区に入り60匹以上の地域猫に避妊去勢手術を行いました。
    これは当会地域猫活動を続けてきたメンバーのおかげで成功できました。
    二条市場、中央区と地道な活動が力となり、実現できました。
    この費用は、譲渡会、イベントと物販、フリマを続けてくれた、製作チーム、販売チームの力で可能となりました。
  • 10月12日 札幌市南区よりノルウェージャン置き去り事件
    餌も水もまともに与えられず、酷い状態で保護されました。当会には、子宮蓄膿症の手術をした子や、癲癇の治療を継続して行う必要のある子もおります。
    子宮蓄膿症の子は本当に危なかった。緊急手術となりました。
    こんな状態になるまで、放置した飼い主・・・・
    これは間違いなく動物虐待にあたります。
    証拠品という箱に入ってあの家を出たあの子の事を私たちはわすれません。

  • レスキューする猫がいる場所が、保健所であったり、地域であったり柔軟に動き活動しているのもニャン友の特徴です。
    助けを待っている子に順番、地域、場所も関係ないのです。
    これは 50人を超えるメンバーとボランティアさんが柔軟に猫のために動いているからです。

    啓発活動では、留萌船場公園での「動物愛護フェスティバルの実施」、チカホでの「パネル展」365日フルに動いております。

    出来ることを継続して行う努力を怠らない
    疲れてへこたれそうになる時も、みんなで支えあうことで日々の活動を継続しています。

そんな中で嬉しいお知らせがありました。
2015年10月5日に起こった、ラガマフィン125匹多頭飼育崩壊の最後の子、セパが新しい飼い主様のもとへ出発しました。
セパの腎臓の継続治療を承知の上での譲渡です。

セパは 雪児(そら)君となりました。
雪児くんのおうちには、ラガちゃんがいます。
嬉しい報告の中に、体重が3.6kになりましたと書いてありました。

保護してから、ずっと食が細かった雪児
腎不全を起こしてからは、3kを保つのがやっとでした。
どんなごはんをあげても、増えることはありませんでした。
増えたと思ったらまた減る・・・その繰り返し
その子がなんと、3.6kです。


似たような経験があります。
それは譲渡になった子達の表情です。
卒業した子達の顔の表情が、まったく違う猫のように穏やかにかわります。

私たちは思います。
保護は譲渡ありきで考えなければなりません。

セパ
私たちのニャン友の誓約書の最後に
「いきものを捨てる人間にならないように、今一度動物を飼うという責任をお考えになり、健康でも、万が一どんな病気を持っていたとしても、一生涯添い遂げ面倒をみる覚悟で引き取るお約束をしていただけましたら下記にサイン捺印お願いいたします。」

という文言があります。

私たちの手元から卒業した子達の人生は
どんな人生が待っているかわかりません。
幸せな人生かもしれません。
時にはつらい人生になるかもしれません。

でも、間違いなく生きてほしいと、家族として
愛され、愛おしまれ生きることが、本当の幸せだと思います。

2018年私たちを待っている子達は沢山います。
癲癇の治療が必要な子、酷い状態で保護され、いまだワクチンを打つことも出来ない子、中々成長することが出来ず、入退院を繰り返している子、免疫不全のため継続治療が必要な子、どうかこの子達にご支援下さい。
十分な治療と検査のためには莫大な費用がかかります。
よろしくお願いいたします。


事務所移転のお知らせ
長く譲渡会を続けてきたOYOYOと事務局が入ったビルが老朽化のために立ち退きをしなければならなくなり、12月27日急遽引越しをいたしました。

新しい場所は

〒064-0807
札幌市中央区南7条西8丁目1-24LC拾八番館4F
011-205-0665

です。
★支援物資のお願い★
連日情報の拡散、ボランティアの協力、支援物資、ご支援ありがとうございます。

現在、保護頭数が多いため物資が不足しております。
ご協力よろしくお願いいたします。
フードなども不足しています。
ニャン友ほしいものリスト⇒http://amzn.asia/21IrUvT
■支援物資の送り先

〒064-0807
札幌市中央区南7条西8丁目1-24LC拾八番館4F
ニャン友ねっとわーく 北海道 電話:011-205-0665


★ご支援のお願い★
避妊、去勢、ワクチン、駆虫等の医療費や必要物資の購入費用とし活用させて頂きます。

●郵貯銀行からの振込み
 口座番号:19040-32781041
 口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ

●他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下のとおりとなります。

 銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
 店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
 預金種目:普通
 口座番号:3278104
 名義:ニャントモネットワークホッカイドウ

【12/01~03】「8万回の仕方ない」写真展~保護猫たちのクリスマス~

いよいよ明日、12月1日から開催です。
NPO法人になってから、はじめての単独でのチカホイベントです。

開催日程は
【保護猫達のクリスマス~『八万回の仕方ない』写真展~】
日時 12月1日(金)~12月3日(日)   午前11時~午後7時
会場  札幌駅直結 地下歩行空間 憩の空間 E-3 赤プラチカ向かい
(3番出入り 階段降りてすぐ、赤れんがテラスさま地下向かい側)
フライヤー_R

この『八万回の仕方ない』と言う写真展のタイトルは
ニャン友の卒業生 三風ちゃん(元カーネル)の里親さんである、立命館慶祥中学校2年 織田 報さんが紡いだ言葉です。
開催された学内の弁論大会で、この「八万回の仕方ない」を発表したそうです。

みなさんは、この「八万回の仕方ない」からどんなことを感じるのでしょうか。
何が八万回なのかは、ニャン友カレンダーと、明日からの写真展にお越しいただければわかります。

人間しかたがないと思うことは沢山あります。
でも。命に関してしかたがないと、思うことの危険性を知ってもらいたい

私たち動物愛護団体は命と関わっています。
愛護団体が仕方ないと、保護猫達のことをあきらめたら・・大変なことがおきます。

猫の保護は譲渡ありきです。
近いうちに報告できますが、今年起きた悲しい案件 1DK111匹の多頭崩壊
妊婦猫が沢山いたので、その数は134匹になりました。
8月1日に保護した111匹、わんちゃんはM基金さんのお力を借りました。
11月30日現在 管理センターの4匹を入れて、あと24匹となりました。

飼い主様につなぐその日まで、毎月4回以上の譲渡会を続けています。

そして、保護猫たちのクリスマスというタイトルは
全道の保健所に沢山の飼い主さんを待っている 猫達やワンチャン達がいます。
保護団体の猫としてクリスマスを迎えることはうれしいことではありません。

1度放棄された命、今度こそ、飼い主さんのもとで幸せになってほしい
新しいお家で新しい年をむかえてほしいと願います。
また、まだめぐりあえない子達も、1匹もかけることなく新しい年をむかえてほしい。
私たちニャン友の思い・・・
ボランティアさん達の思い・・・・・
沢山の重いが形となり  明日のイベントが開催されます。

この場をかりて
ニャン友物販のほとんどが 手作り商品です。
そして、動物たちにとって良いもの、思いをデザインにして表現してくださった
デザイナーさんと商品提供をして下さった会社様
寄付をつけて納品下さったパン屋さん
どれもこれも 愛情いっぱいです。

その売り上げは、保護猫たちのために使われます。
最後の最後まで商品を手作りして下さった
みゆさん、もりねこさん、にしむらさん、ほしのさん、かよこさん、なかじまさん
あべさん、やまださん、サブさん、ねこやまさん、もりさん

デザイナーのkemmy(Naturalbicycle)さん、商品を作って下さり提供してくださいました
株式会社midicaさん
寄付つきパンの提供 富良野のBoulangerieLafiさんありがとうございます。
商品1_R
商品2_R
日ごろより、保護をがんばっているメンバー
出来ることを一生懸命さがして
リレーに参加してくれているメンバー ボラさん
ありがとう

明日からがんばります。
そして
雨の日も風の日も、物販の場に立ち続けてくれた
ちなみさん、西村さん

数年前のチカホ、売るものもなく ただただ  1人で売り場に
立っていたことを思い出します。

本当にありがとう
そして皆様、是非明日から宜しくお願いいたします。
会場で待っています。

代表 勝田
プロフィール

ニャン友ねっとわーく北海道

Author:ニャン友ねっとわーく北海道
北海道で保健所収容猫、地域猫の保護と里親探しをしている個人が集まり、活動しています
ニャン友ねっとわーく欲しいものリスト
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/ls/ref=aw_wl_ov_rfn?filter=&lid=TPUMWYRXW36K&reveal=unpurchased&sort=priority

■支援物資の送り先
〒064-0807
 北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24LC拾八番館4F
 NPO法人ニャン友ねっとわーく
 電話:011-205-0665


■支援金のお願い

●郵貯銀行からの振込み
口座番号:19040-32781041
口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ

●他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下のとおりとなります。
銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
預金種目:普通
口座番号:3278104
名義:ニャントモネットワークホッカイドウ


ニャン友ねっとわーく 北海道
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR