小樽にて12匹レスキューしました

小樽にて12匹レスキューしました。
image001.jpg

2016年小樽手宮の譲渡会に1人の男性が相談にきていました。
内容は2匹の弱ったメス猫を家に入れたのが始まりです。

親猫は妊娠していて、赤ちゃんが4匹生まれたけれど、3匹が亡くなり、1匹助けることが出来たそうです。
♀2匹♂1匹未去勢のまま、お家の中で暮らしていました。
雄猫が繁殖能力をもったために2匹のメスは当然妊娠し出産しました。
一気に子猫が増え状態の悪い子もいる。
と話されていました。
2人暮らしでもう60歳をすぎていて、奥さんは病気の為、治療中、猫の世話と奥さんの看病は旦那さんがしているとお話されていました。

当時当会は余市の多頭飼育崩壊と小樽稲穂の案件をかかえておりましたが、2人のメンバーが保護に手をあげてくれたので、親猫の避妊去勢を約束して子猫を引き受けました。
(数匹の仔猫の状態は悪く、ケアにとても時間がかかりましたが無事譲渡になっています。)

親猫は飼ってくださる。
ホッとしていましたが、事態は急変し1本の電話がメンバーにはいりました。
内容は
『体の具合が悪く
 冬の間に猫を病院へ連れて行けなかった。
 2匹のメスが子猫を産んでしまった。
 旦那さんも奥様と同じ病気にかかり、4月の中旬に入院しなければならない。
 そうなると、2階で子育てしている猫の面倒を見ることが出来ない。
 助けてほしい。』
でした。

緊急にメンバーにて呼びかけて、本日数人のメンバーとレスキューに入りました。

お家は綺麗で、猫もなれています。
image002.jpg
image003.jpg
image004.jpg
image006.jpg
image007.jpg

猫はもうキャリーにおとなしく入ってました。

お二人は
「本当に申し訳ありません。
  何から何まで・・・・・本当にすみません。
 自分たちの歳も考えず、猫をお家に入れてしまった。
 軽率でした・・・・本当に申し訳ない、猫たちにかわいそうなことをしてしまった。」
と仰りました。

「連れて行きますね。」
と声をかけると

「別れがつらいので、連れて行ってください。」
と2人とも泣いておられました。

image008.jpg
image009.jpg

当会では、年齢が60歳を超えている場合、後継者を立てていただいています。

歳をとっているから猫を飼うのがNGなのではなく、命に対してどう向き合うべきか。
歳をとっていなくても、明日事故で亡くなってしまうかもしれない。
それは、誰にもわかりません。

私は思います。
殺処分0が騒がれる中、本当の意味での殺処分0は動物福祉100%が出来なくては成しえないのだと・・・

少子高齢化社会の中に住む私たちが安心して、動物たちと暮らせる社会。
そこを目指していかなければ、かわいそうな命、消されてしまう命を本当の意味で救う事ができないことは明確です。

動物保護団体が何をすべきか、社会の中でどのような役割を持ち進むべきか考えさせられました。
でも、これではっきりと目標が定まりました。

目の前で何度も頭をさげられたお二人に言いました。
『2匹の衰弱した猫を助けて下さってありがとうございました。
 お二人から繋がった命のバトンはニャン友のメンバーがしっかり受け取りました。
 どうか悲しまず、あの子たちの幸せを願ってあげてください。』
そう言いお家を後にしました。
image010.jpg
image011.jpg
image012.jpg
死んでいい命なんて1匹もいない。
仕方ないと言って、愛護団体が命の重さを天秤にかけてはいけないと痛感しています。
image013.jpg
image014.jpg
これからも皆様方に沢山お願をしなければならないことがあると思います。
誠実に命を軽んじることをせず、1匹1匹助けながら、道を切り開いていきます。
どうかNPO法人 ニャン友ねっとわーく北海道の活動を今後もささえていただきたいと、この場を借りてお願いさせていただきます。

NPO法人ニャン友ねっとわーく北海道 代表 勝田珠美
スポンサーサイト

【02/21】シェルターメディスン講習会のお知らせ

シェルターメディスン講習会のお知らせです。

保健所等の動物保護施設(シェルター)で保護されている動物(犬猫)が新たな飼い主に適正に譲渡されるよう、施設内で動物の心身の健康を守ることを目的とした獣医療分野である「シェルターメディスン」について、カリフォルニア大学デイビス校の田中亜紀先生を招いております。
また、「シェルターメディスン」の考え方に基づき、シェルターにおいて多 数の動物を飼育する場合の合理的な管理方法について学びます。

人と海鳥と猫が共生する天売島」連絡協議会による、天売島における飼い主のいない猫の保護、馴化、譲渡等の活動について紹介をします。

より多くの動物たちが幸せになるためにはどうすれば良いか、一緒に考えませんか?
2月21日ポスター
日時
2017年02月21日(火) 18:00~20:30(開場 17:45)
会場
札幌市教育文化会館小ホール
札幌市中央区北1条西13丁目
講師
田中亜紀氏(カリフォルニア大学デイビス校)
定員
300名
対象
動物愛護団体の方、獣医系/動物看護学系の学生などの他、
どなたでも参加いただけます。
その他
入場は無料です(事前の申込不要)
駐車場はありませんので公共交通機関をご利用下さい。
途中入場可能です。
主催
「人と海鳥と猫が共生する天売島」連絡協議会
連絡先
北海道環境生活部環境局生物多様性保全課(担当:尾崎)
TEL 011-204-5205

北見の猫の報告

北見の猫の報告

皆様の拡散のおかげで、道内・外からのお問い合わせ、預かりのお申し出をいただきましたことこの場をかりてお礼申し上げます。
猫の名前は、”にしちゃん”から”みみちゃん”になりました。
S__37150742.jpg
S__74465285.jpg
S__74465284.jpg
S__37150729.jpg
里親様が見つかるその日まで預かりを申し出てくださったKさんでしたが、出来れば引き取りたいとおっしゃって下さいました。
初めからそう思ってくださっていたようですが、自分に何かあった時はお願いしますとおっしゃられていました。
本当にありがとうございます。

Kさんは、ねこちゃんを飼っている方です。
この子が1番の年長さんになりますと話されておりました。

保護後、メディカルチェックのため病院にかかりました。
16歳10か月という年齢の割には、検査結果よく、気になる部分は心筋が厚くなっていることでした。
腎臓機能を表すクレアチニンは正常値!!
びっくり!!
BUNは少し高いも腎臓用のご飯で様子を見ることになりました。

ニャン友のメンバーは普段、保健所からの保護の他、地域猫、個人相談、町内会の相談など猫に関わるレスキューをボランティアで行っております。
今回の北見の件は、飼い主が入居されるホームの方がSOSを出してくれたので、処分をストップできましたが色々と考えることがありました。

保健所に収容された犬・猫のうち、譲渡の対象になる犬・猫が保健所や振興局のHPに掲載されます。
自分の住む地域に譲渡対象にならない犬猫たちがどのくらいいるのか・・・。
H27室蘭処分数
これは平成27年胆振総合振興局からいただいた情報です。
殺処分3と書かれていますが実際には、
481(引取数)-216(譲渡対象)の譲渡対象にならなかった265匹の子達も処分されています。
譲渡対象外動物の数値はかかれていません。
多くは小さい赤ちゃん猫がほとんどです。
小さな命、この世に生をうけて生まれてきた命です。

幸せになった、北見のみみちゃんの様子はこちらのブログで見ることが出来ます。
みみかーさんのブログ
http://ameblo.jp/mimiyuzu-1956/entry-12241146875.html?frm_src=thumb_module



ありがとうございました。


今後の予定

保護猫の譲渡会
日時
01月28日(土) 午後12時~午後4時
01月29日(日) 午前10時00分~午後3時
会場
OYOYO まち×アートセンター さっぽろ


保護猫の譲渡会
日時
2月18日(土)午前11時~午後4時
会場
OYOYO まち×アートセンター さっぽろ


保護猫の譲渡会
日時
2月26日(日)午前11時~午後4時
会場
OYOYO まち×アートセンター さっぽろ

【1/24~1/27】わんにゃんチャリティフェスタatチカホのお知らせ

【1/24~1/27】わんにゃんチャリティフェスタatチカホ
16105934_1388602564544418_1260875826853757358_n.jpg
日時
1月日24(火)~27(金)(※ニャン友の参加は24、25のみ)午前10時~午後7時
会場
チカホ・憩いの空間
札幌駅前通地下広場・憩いの空間
犬のM基金さんのご好意で、
1月24日25日

地下歩行空間6番出入り口付近で
10時から19時まで物販のイベントに参加させていただきます。

カレンダー入り福袋の限定販売。
(かなりお得な内容になっております)
photo_201701211139085fc.jpg

可愛らしいハンドメイドの猫のオモチャや首輪。
20170125.jpg
人間用にはアクセサリーやポーチ可愛らい雑貨たくさん揃えてお待ちしております。
ぜひ足をお運び下さい。

【1/14】譲渡会とカレンダー販売のお知らせ

新春とは申しながらまだ厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
心に寒い隙間風が吹きこむ猫型の穴があいている人はいませんか?
新年初の譲渡会のお知らせです♪
wannyanfp.jpg
日時
1月14日(土)午前10時~午後3時
会場
農試公園ツインキャップ(屋内広場アリーナ)
札幌市西区八軒5条西6丁目95-21

譲渡でつなごう命のバトン わんにゃん家族プロジェクト
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/aigo/290114joutokai.htm
人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/project/
猫の一生を受け止める覚悟を持って迎える子を選んでください。初めはぼんやりした覚悟でも構いません。
でも絶対に揺らがない想いを持ってください。人と同じではありませんが猫も感情があります。
楽しいこと、ムカつくこと、幸せな日々と辛い別れまでがセットです。

2017年度、ニャン友カレンダー 絶賛販売中!!
2017cb.jpg
譲渡会に行けない、売ってるお店がわからない‥・そんなあなたに!!!!
shopb.png
http://nyantomo.easy-myshop.jp/

譲渡会会場で会ったあの子が掲載されているかも?!
みんにゃ幸せになれ!!と願って作られたカレンダーです。
売り上げは猫の保護活動に使われます
是非お求めください(=ΦωΦ=)<協力してニャ 阿部で下☆彡
プロフィール

ニャン友ねっとわーく北海道

Author:ニャン友ねっとわーく北海道
北海道で保健所収容猫、地域猫の保護と里親探しをしている個人が集まり、活動しています
ニャン友ねっとわーく欲しいものリスト
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/ls/ref=aw_wl_ov_rfn?filter=&lid=TPUMWYRXW36K&reveal=unpurchased&sort=priority

■支援物資の送り先
〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西6丁目8-1第2三谷ビル5F
ガイア気付 ニャン友ねっとわーく勝田まで
電話:090-3391-0841(勝田)


■支援金のお願い

●郵貯銀行からの振込み
口座番号:19040-32781041
口座名:ニャントモネットワークホッカイドウ

●他の金融機関から、郵貯銀行へお振込みされる場合の口座情報は以下のとおりとなります。
銀行名:ゆうちょ銀行 (金融機関コード9900)
店名:九〇八 店(キユウゼロハチ店)(店番908)
預金種目:普通
口座番号:3278104
名義:ニャントモネットワークホッカイドウ


ニャン友ねっとわーく札幌HP
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR